原巨人三度目の船出

ついに今年もプロ野球が開幕しましたね。

    ● 0 - 5 広 菅野好投見殺し 敗:菅野
    ○ 5 - 2 広 ゲレ躍動4打点 勝:ヤングマン
    ○ 6 - 3 広 吉川決勝2塁打 勝:中川 本:ゲレーロ① 

我が巨人軍は、目を背けたくなるような開幕戦の完敗からの、なぜか2連勝。菅野で負けた日は3タテ濃厚と思ったが、マツダで2勝1敗で乗り切れるとは思わなかった・・・。昨年までの負け癖を思うとね。

吉川とゲレーロの活躍はもちろんですが、ここはあえて中継ぎ~抑えで踏ん張った吉川光、中川、クックの仕事に注目したい。初戦で8回に大江・宮國が打たれてゲームを決められてしまったが、今日は1点差で勝っているところに桜井を投入。結果1点とられてしまったが、すばやく中川に切り替えたことで傷口を広げずに済んだ。

実績のあまりない投手を厳しい場面に投入すれば当然失敗もある。中川は成功したが、桜井や大江はいまいちだった。けど、勝利の方程式が確立されていない現状、「とにかくやってみろ」と若手を鼓舞するように送り出す。このへんの原監督のモチベーターとしての言葉と行動が、由伸にはなかったところだ。大江や桜井がこの先、大切な中継ぎの一角になるかもしれないし。とにかく試さないと何も変わらんのだ。もう山口も西村もいないんだから。

坂本・丸・岡本が本調子ではない状態で勝ち越せたのは非常に意義のある、非常に期待のもてる開幕カードだったと思う!!