気がつけば

先日、ひょんなことからYouTube松浦亜弥のPVにたどり着いて、その楽曲の完成度と彼女のプロフェッショナルぶりに驚愕しました。

www.youtube.com

こんなアイドル、もうどこにもいないでしょ。西野カナはルックスでも売ってるとはいえアイドルというよりは歌手だし、同じ路線なら、かなり軽いがきゃりーぱみゅぱみゅとかになっちゃうのか?

www.youtube.com

例えば山口百恵とか松田聖子とか中森明菜とか森高千里とか、あのへんのシリアスさと比べると、モーニング娘と同じでどこかコミカルな感覚が強く、ポップアイドル路線ではあったけど、モー娘。のどのメンバーと比べても歌唱力が段違いであることが意外と気づかれていなかった。そう、彼女の実力はあらゆる意味でずば抜けていたのだけど、あのポップ感、ライト感でそれが隠れてしまっていたのでした。

山口百恵のように絶頂期に派手に引退したわけでもなく、松田聖子のように少ない固定ファンのために永遠のアイドルを続けているわけでもない。まさに、世間があややを必要としなくなった状況を察知したかのように、だいぶ経ってから「そういえばどこ行ったっけ?」となるくらい、誰にも気づかれずにスーッと消えていった。結婚して子供を産んでもほとんど世間では話題にはならない。そんなあまりにも静かな姿の消し方も、これはこれで美しいと思う。

www.youtube.com

そんな私のイチオシはこれ。午後の紅茶のCM曲ですけど。キャリアの中では後半から終盤に入っていくあたりの曲ですが、「静かな幸せ」を歌う彼女は19歳でこの落ち着きよう・・・。長く付き合っている恋人に向けるような、彼女のプライベートも連想させる曲。「Yeah!めっちゃホリデイ」や「ね~え?」と同じ人が書いた曲とは思えない。つんくの底知れぬ才能を感じる1曲でもあります。