読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここ最近見た名作映画

さて、今年入ってからもいろいろ名作映画を借りて観ているので、今年見た25本くらいの中から特に良かったのを。まあ、どれも、いわゆる映画通の人からしたら、いまさら紹介するまでもなく有名過ぎるものばっかりだけどね!

 ▼スティング(1973)

スティング [Blu-ray]

スティング [Blu-ray]

 

ポール・ニューマンのカッコ良さに惚れるだけではない。すっげえ映画だこれは。

一世一代の大芝居、観ているこっちは騙す側だと思ってみていたら、最後で「!?」となって、ああこっちも騙されていたのかと。それにしてもまさかあいつが・・・(以下略)。終盤はまさに怒涛の展開。話はじっくり観ていないと追えないので集中が必要。

ラグタイムの名曲「ジ・エンターテイナー」はこの映画で一気に有名になったのだ。

ライフ・イズ・ビューティフル(1998)

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

 

戦争映画。いわゆるホロコースト物。

イタリア映画だが完全に枢軸国側が悪玉に描かれている。当たり前か。 前半の楽しげな雰囲気から後半はガラッと空気が変わり、あまりにも重苦しい展開。 ハッピーエンドというわけではないが・・・人生は美しい。

戦場のピアニスト(2002)

戦場のピアニスト [DVD]

戦場のピアニスト [DVD]

 

これもホロコースト物ですね。こんなディストピアのような世界がつい70年前まで現実に存在したんだな。映像がドキュメンタリー番組かと思うほどリアル。

きみに読む物語(2005)

きみに読む物語 スペシャル・プライス [Blu-ray]

きみに読む物語 スペシャル・プライス [Blu-ray]

 

幸せな人生というのはこういうことか? ヒューマンドラマのお手本のような作品。

 

ほか、見た作品。有名どころは早いとこ押さえておきたい。