読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リビングの配置

もうすぐ4月だというのになかなか気温が上がりませんね。

さて、前回からだいぶ開いてしまいましたが、引っ越しにあたって買い替えた家具の紹介。2回目はテーブルです。

前の家では基本生活スタイルは床に座る形でした。テレビはベッドに座って見ていたけど、ご飯は床に座り、ローテーブルに置いて食べるという、一人暮らしによくあるスタイル。

ですが、今回ソファを導入したことで、基本スタイルがソファに座る形になったので、テーブルもそれに合わせて高さのあるもの・・・早い話が普通のダイニングテーブルと同じ高さにしたのです。一般的なファミリー向けリビングは、ダイニングとTVを見るためのソファは別空間に配置(LとDを別扱い)しますが、わたくしの家の場合はそれほど広くないLDKなので、LとDは一体化させました。ご飯を食べながら自然にTVが見られる配置にしたのです。ダイニングソファってやつですね。テレビっ子化がこれまで以上に進んでしまうのは仕方ない。

f:id:naf:20170327233209j:plain

ただこのソファ、人が3人くらい来ると全員座りきれなくなり、地べたに座らなくてはいけない人が出てくる。となるとこの高さのテーブルが食卓として機能しなくなるのですね。ということで昇降式にしました。いざというときには低くできます。それに1本足だとソファに食い込むくらいの位置まで寄せることができるので、ソファとテーブルが離れず、ダイニングテーブルとしては使いやすいのです。

ちなみにこのソファとテレビの配置はめちゃくちゃ悩んだ。窓をふさぐ形でテレビを置くのは最初は抵抗あったんだけど、キッチンで料理しながらテレビが見られる配置にするにはこれしかなかったのね。結果、横向き配置よりも広く空間がとれたので、この縦向き配置で満足してます。