読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショーシャンクの空に

映画

ここ最近みたやつ。どれもこれも名作です。

ギルバート・グレイプ(1993)

ギルバート・グレイプ [DVD]

ギルバート・グレイプ [DVD]

 

いつしか重荷になっていた家族との愛を取り戻す話。

ディカプリオもアイドル的人気が加熱しすぎて、90年代を最後にピークを過ぎてしまった感があるけど、この映画で見せる障害児の演技は凄い、凄すぎる。しかも愛らしい。

しかしやはり影の主役はお母さんか。自分自身を重荷と認めてジョニーに謝るシーン、あまりにも切ない。最後は、もう彼を解放してあげようという意思がああいう形になったのか・・・。 

それにしても「クレーンが必要かな」には笑った。そこまでじゃねえだろ!!

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)

フォレスト・ガンプ 一期一会 [Blu-ray]

フォレスト・ガンプ 一期一会 [Blu-ray]

 

純朴で心優しい男の半生を描いたヒューマンドラマ。

ストーリーが予想もしない方向に次々に展開していき楽しい。幼少時代から延々と続くジェニーとの付かず離れずの関係が軸だけど、このジェニーの行動が不可解なものが多くてヤキモキする。それだけに、2人の安息の時間が訪れたときは何ともいえない良い気分になった。

アポロ13(1995)

アポロ13 [DVD]

アポロ13 [DVD]

 

これもトム・ハンクス。見ているだけでも息苦しい宇宙船の中。 それだけに最後の解放感は何とも言えない。 実話なので結末を知ってしまってるのが残念だけど仕方ないか。

ショーシャンクの空に(1994)

ショーシャンクの空に [Blu-ray]

ショーシャンクの空に [Blu-ray]

 

やたらと映画通の人に評判がいい(allcinemaでも歴代評価1位)ので、すごーく期待して見ました。そしたら・・・やっぱりもう何も言うことはないくらい最高の映画でした。

恋愛要素皆無でここまで感動できるのだから凄い。終盤、これまでの伏線が何もかも繋がる急展開に鳥肌が立った。そうか、それが狙いだったのか・・・と。そしてラストシーン。こんなに爽やかで嬉しいラストシーンはいまだかつて見たことがない。人生の長い長い旅路の果て。希望の大切さが何十年を経て身にしみたことでしょう。

「大脱走」のオマージュを思わせるシーンがあって少しだけニヤリとした。