読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひかりTV再び

www.hikaritv.net

2014年以来、2年ぶりくらいにひかりTVを再契約しました。

何故か?というと理由は1つだけ。ひかりTVのベーシックチャンネルでフジテレビONEが視聴できるようになったからです。気づくのが遅かったんですが、4月から始まってたのです。これでプロ野球ニュースが見られる。野球シーズン終わりつつあるけど、週刊ジャイアンツはじめG+は見たいし、ここ最近は古い映画にはまってるのでいろいろ見たいものはあるのだ。

スカパー新基本パック(47チャンネル)は月4,093円。プロ野球セット(12チャンネル)は月4,401円。途中から、セ・リーグの試合が(大体)見られるG+、スカイA、フジONE、テレ朝ch2、TBSch2の5チャンネルだけを選んだセレクト5にしたけど、それでも月2,401円。スカパーはとにかく高い!!

一方のひかりTVはベーシックチャンネルの見られるテレビおすすめプラン(53チャンネル)が月2,700円。2年契約すれば最初の2年は月1,620円、しかも最初の2ヶ月無料。スカパーとは比較にならないくらい安いのです。それに、スカパーの基本パックではTBSchとか日テレプラスとかザ・シネマとか、SD画質のチャンネルがちょいちょいあるけど、ひかりTVは全部HD。これも大きい。

高画質で安いとなるとスカパーに勝ち目はないようですが、前回契約時も感じていた難点が・・・

①チューナーの操作が煩雑なこと。チューナーが場所をとるのはまだいいとして、チューナー用のリモコンを取って電源を入れ、TVのリモコンに持ち替えて電源入れて入力切り替えて、またチューナー用リモコンに持ち替えてチャンネルを変えて・・・と、地上波から切り替えるだけでもひたすら面倒くさい。その点スカパーはCSボタン推すだけ。地上波・BSと同じように視聴できる。

②録画まわりが貧弱。チューナーに外付けHDDをつなげば録画はできるけど、解約してチューナーを返却したらもう見られなくなります。転送も他のメディアに焼くことも出来ない。番組表も独自ポータルのレイアウトで見にくい。以前TVキャプチャの記事を書いたけど、あれもすごく面倒くさい。

・・・しかし! めでたいことに、今持っているAQUOSひかりTVチューナー内蔵なので、これらの問題はほとんどなくなりました。TVのリモコンで全部操作できる。ホーム→ひかりTV→テレビ の操作でIPTVに切り替え。あとはチャンネルを選ぶだけ。ボタン割り当てておけば、よく見るチャンネルはワンタッチで行ける。例のうっとうしいポータルを経由しなくても見られるんです。番組表も、地上波・BS・CSと同じでAQUOSの見やすいレイアウトで見られます。録画も、地上波やBSを録画するための外付けHDDがあればそこへ同じように録画可能。チューナー内臓なので、解約してからも見られます。

とにかくひかりTVをちょっとでも検討していて、TVの買い替え時期も来ているのなら、チューナー内蔵TVを買っておくことを絶対オススメします。月500円のチューナーレンタル料も節約できるし、何よりあるとないとで使い勝手が全然違う。ホントに別物です。

また、スカパーの人も、内蔵TVを持っていて、フレッツ光を家に引いている人は、チャンネルラインアップに文句がなければぜひ検討してみては(回し者か)。