読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならするには早過ぎる

時事

元子役・平田実音さん死去、33歳「ひとりでできるもん!」初代・舞ちゃん役 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

嘘だろ・・・

 

平田実音は、われわれ83年度生まれ組にとっては、伊藤淳史野村佑香と並んで、最も早い段階で世に出たスターだったと思う。教育テレビの子役という、芸能界の中でもある意味異世界のような場所で活躍していた子。

数年後に「わんぱーく」でミーオとしてTVで歌っていたのを見た時は、随分大人になったなあと思った。特別美人というわけでも、歌がうまいわけでも、芸があるわけでもないけど、どこにでもいそうな女の子で、スレていない感じがNHKに好かれたんだろう。

別に知り合いだったわけでもないのに、同い年だったせいか一緒に成長してきたような親しみを持っていた。いつの間にかテレビで見かけなくなり、しばらく忘れていたけれど、数年に1回くらいふっと思い出して、あの子は今頃どこで何をしてるんだろうと考える時もありました。

そしてこの訃報。やりきれない。昔からの友だちが突然いなくなったような気分だ。結婚して子どもを産むような普通の人生を送っていきたかっただろうに、こんな若くして亡くなるなんて、あまりに無念だったろう。舞ちゃんのことは忘れない。合掌。