読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

震災は忘れた頃に

熊本で大地震が続いています。最初の震度7が本震だと思いきや前震だったとは。

阪神にしても東北にしても、今回の熊本にしても、ここ最近の巨大地震はそれまで「ノーマーク」だった場所でドカンと起こっているように思う。東日本大震災の系統上の前の東北沖の大地震は1933年の昭和三陸地震。その前は1896年の明治三陸地震。周期なんてものはないが、36年空いた後は78年も空いたわけだ。そりゃ忘れるわな。阪神大震災以前はプレート型の地震ばかりが注目されていたので、大阪や兵庫はほぼ無警戒だった。活断層地震の芽として注目されるようになったのはここ20年の話です。

東海地震、南海地震関東大震災は起こる起こると言われ続けて30~40年経つけれど、まだ起きる気配がない。そうこう言っているうちに別のところでバンバン巨大地震が起きてしまった。特に今回の熊本も活断層直下型。活断層は日本中あらゆるところに眠っている。日本に住んでる限り、地震への備えを怠っていい場所なんてないってことですね。