読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらば愛しきザウルス

時事

シャープがザウルスのサポートを打ち切るそうです。まだ続けてただけ偉いと思います。

そこらのシャープ社員よりも遥かにシャープ愛を持つわたくしとしては、非常に寂しい思いです。ザウルスの初期型番であるPI-3000を小学生にして購入した奴なんて日本中探してもそうそういないでしょう。小遣いとお年玉貯めてね。電子手帳やゲーム機みたいな使い方してただけだが、欲しかったんですよとにかく。

ザウルスも徐々に進化していき、パソコン通信やインターネットモデムが搭載されて、画面がカラーになって、デジカメが付いて、Officeファイルが開けるようになって・・・。そこから携帯電話と統合していく道を探っていればよかったんだけど、ケータイ事業部とPDA事業部がぐずぐずと仲違いしている(※想像です)うちに、2007年にiPhoneという怪物が登場。シャープ含めた世界中の電機屋が追随してスマートフォンをリリースし、PDAの市場は急速にしぼんでいった。それでもスマホとPCの間の存在にPDAが食い込める余地はまだあったのに、ザウルスは既に開発終了。そこへ2010年、iPadが登場し、PDAは完全にタブレットに市場を奪われてジ・エンド。シャープを含めた日本の電機屋はあまりにも立ち回りが下手でした。

今あらためてスマホを見ると、電話、メール、ネットができて、テレビもビデオも見られる、写真も撮れる、音楽も聞ける、本も読める、ゲームもできる、地図にもなる、財布にもなる、電車にも乗れる、わからないことも調べてくれる・・・ザウルスが目指したのはまさにこういう世界だったのだ。今こそあの頃の情熱を思い出し、スマホのブランドとしてザウルスの名を復活させるときではないか!! と、思う!!