招かれざる客

年の瀬の忙しい時にまた面倒くさい客人が来たりするものです。

同じフロアの部屋をピンポンして回っている。どうせまた何かの勧誘だろうと思って無視していると、

ピンポーン、ドンドンドン、「住宅設備の話ですので出てください、インターホン越しで構いませんのでー」としつこく声を上げている。

アパートの管理関係かと思い、仕方なくインターホン越しに出ると、インターネット関係のご案内でフレッツ光からの乗り換えがどうとか言ってやがる。「プロバイダの勧誘ですか?」と聞くと「勧誘ではありません」という。ご案内だけですのでドアの方までお願いしますという。インターホン越しだけじゃなかったのかよ。

そしたら今のプロバイダを教えてくれだの、NTTのフレッツ光からsoftbank光に契約変更すると月額これだけ安くなるだの、ぐだぐだ言うわけよ。こちらのほうで契約変更することでいくら安くなります、と。プロバイダ変更ってことでしょ?と聞くと、プロバイダ契約は変更になりません、ただNTTからSoftbankに・・・っていやいやそこが変わるのにプロバイダ変わらんわけないだろうが。おまけに契約変更のためになんたら番号を教えてくれとか。結局、玄関先でそんな危ない契約できるわけないだろうと追い返したんですが。何が住宅設備の話だよ。やっぱ無視すべきだった。

(株)アシストという会社(名札にはソフトバンクのロゴあり)のセールスマンだったのですが、調べてみるとどうやらこの会社はMOUというプロバイダの代理店のようですね。光コラボ(光回線の卸売)で参入してきた企業のようだが、強引で曖昧な乗り換え勧誘とユーザのPCへのリモート接続によるむちゃくちゃな契約変更をやってくるらしくかなり悪質な模様。

以下、参考サイトを貼り付けておきます。

MOU - 光コラボ乗り換え比較サイト

遠隔操作でプロバイダを解約された !! | 有限会社システムナレッジ::最新情報・ブログ