歴史直視の果てに

日中韓、日韓と立て続けに実施された首脳会談で、いずれも「歴史を直視し、未来志向の関係を築く」という謎の共同声明が出ましたとさ。

開催された事自体は喜ばしいことだと思う。関係改善には何より対話が大事。だがはっきり言って「開催されたこと」以外にはこれといった成果のない会談。先の共同声明も、前半と後半矛盾してるよね? 過去を重視したいのか未来を重視したいのか? 中韓はもう70年間延々と歴史を直視しろと日本に言い続けているけど、直視って具体的に何ですか? 金をよこせというのか、あらゆる外交問題で言いなりになれというのか。戦後70年経って、ここ最近そのイビリ傾向がなお強くなっている気がする。70年前の戦争を原因にしてさらに争いを起こして何がしたいのだ一体。

中韓は結局、歴史認識にしても従軍慰安婦問題にしても、「解決」なんぞ目的じゃない。このように延々と日本をイビり続けて、外交において優位な立場を保ちたいだけ。逆に言うと解決した時点でもうこのネタが使えなくなる。特に中国は共産党への不満を逸らす政策の一環として反日教育があり、国民から反日感情が消えたら当局としては甚だ困ってしまうわけで。

日本政府が何をしようが、中韓は「全て許した」なんて言わないでしょう。解決できないものを解決するという命題を未来まで背負わされる日本。それでも粘り強く、日本はできることなら中韓と仲良くしたいという真摯な姿勢を見せることが大事なのだ。国際世論は「わからずや」な国には味方しない。中韓の目論見を崩すためにも、政府はこの問題を「解決」する姿勢を崩してはならない、と思います。