ヤクルト山田は21世紀のスーパースターになれるのか

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/entry_img/1017yamada-001.jpg

史上初、三冠王とトリプルスリーの同時獲得の可能性も取り沙汰されている、ヤクルトの若き主砲・山田哲人。

イチローと松井が日本を去って以降、日本球界は野手のスーパースターに飢えていた。投手はそれなりにいて、松坂がいてダルビッシュがいて田中がいた。特に田中は24勝0敗+日本一というこれ以上ない置き土産を残して海の向こうへ旅立った。そして今は田中と入れ替わるように大谷というスターが現れた。

問題は野手。イチローと松井以降も、もちろん素晴らしい選手はたくさんいた。松井稼、金本、小笠原、松中・・・。だが、プロ野球の地上波放送がなくなった今、日本人子供から大人まで全員が知っているようなスーパースター野手はいない。長嶋、王、落合、イチロー、松井、その次は? と言われると答えに詰まる。

だが! 山田はそこに当てはまる選手になれるだけの、とんでもない実力とスター性を持っていると思う。アベレージも残せる、でかいのも打てる、盗塁もできる、チャンスに強い、そしてまだまだ若い。60年代は長嶋、70年代は王、80年代は落合、90~00年代はイチローと松井。そして10年代は・・山田? それとも中田翔か柳田か筒香か? いやあやっぱり山田でしょ。可能性は無限大。さあ! 目指せトリプルスリー&三冠王!!