読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70年談話

時事

戦争なんて空しいものです。

安倍首相が戦後70年談話を発表しました。何を発表したって文句つけてくる連中は内外にいるわけですが、日本政府として、70年前の大戦を総括する公式見解を出したということですね。

日本がアジア諸国を侵略して植民地にしたのはまぎれもない事実で、アジア諸国の身になって考えてみれば、彼らが日本に対して怒りを覚えるのは当然のことだ。しかしその謝罪というのは終わりなきものなのか? 朴槿恵のような反日派はもしかしたら永遠に謝罪し続けろと言うかもしれない。だが秀吉の朝鮮出兵を今でも日本人として謝罪し続けろなんていう人がいるか? どこかで区切りをつけなければいけない。それは結局謝罪する側ではなく、される側が言わなきゃいけないことなんだけどね。

日本も広島長崎の原爆で一般市民が大量殺戮の被害にあった。そこに対してアメリカが一度でも謝罪したか? 当然してない。それどころか大戦を終わらせるために良いことをしたと思っているアメリカ人がほとんどだ。とんでもない話だが、日本政府がアメリカに謝罪を求めない理由は何か? それは敗戦国だから。結局、日本がこうして各国に謝罪を求められ、余所からは謝罪を要求することもできないのは、戦争に負けたからなのだ。正しいのは常に戦勝国であり、敗戦国はこうして70年経っても周辺国に謝罪し続けることになる。そして戦勝国に押し付けられた憲法を改正することもできずに、たかが国防法案の採決にすら紛糾を極めてしまう。

結局悪かったのは「戦争」そのものではなく、「敗戦」だったということになってしまう。戦争も外交の一つだ。だがそもそも勝てる見込みのない戦争を始めてしまったところに原因があり、結論としては冒頭の一言。国のために死んでいった多くの人々には敬意を表しなければならないが、勝者があれば必ず敗者があるのが戦争。敗者はひたすら不幸になる。

戦争なんて空しいものです。