鴻巣サンセット

スピッツの2013年の野外ライブ「横浜サンセット」の映画が3月から各地で上映中なんですが、ずーっと行きたい行きたいと思いながら、体調悪かったり(ていうか首痛ね)別の用事が立てこんでたりで行けてませんでした。

が、よーやく体調も整い、時間もでき、追加上映やってくれてたので見てきました。場所は、近いとことは練馬か鴻巣。練馬のがちょっと近いんですが、鴻巣のほうがすいてそうだったので、いざ鴻巣へ。

やっぱりすいてました。地方の綺麗で快適な映画館・こうのすシネマ。劇場も適度な規模で見やすくてナイスでした。

肝心の中身ですが・・・映画館でライブ見るのがあんなにいいもんだとは思わんかった。なんというか、海に沈み込んでいくようなトリップ感。特に「さらさら」のイントロでもう何というかとてつもなくジーンとした幸せな何かがこみ上げてきた。陶酔ってのはこういう気持ちを言うんだろう。「夏が終わる」や「海を見に行こう」なんかの季節やロケーションを意識した選曲も素晴らしかった。そしてエンドロールは「エンドロールには早すぎる」が流れてきてうおおお!って。映画で言うなら最後の場面~って歌詞から、ここで使われるために作られた曲やったんか!?と感動してました。

高崎線の揺れ方で人生の意味がわかった日曜日(ゴロ悪!)