半旗の3.11

東日本大震災から4年。会社でも半旗が掲げられ、その時間には黙祷がありました。

阪神大震災は都市型の直下地震だったので、被害は甚大だったが、復興を遮るものがあったわけではないので4年経てば復興はかなり進んでいた。東日本が阪神と明らかに違うのは、チェルノブイリと同様、ほとんど再起不能な場所ができてしまったということ。国土の一部がすっぽり消えてしまったようなものです。

福島の人口減は歯止めがきいていないようだけど、当たり前でしょう。自分だってもし福島にいたら脱出して余所で仕事探してるよ多分。家族や子供がいたりしたら一家で移住を考えてることでしょう。

そこで生まれ育ち、現地に根を下ろしている人たちには何の罪もないけど、国やTVがどんなに綺麗事を言おうが、今福島に好んで住みたがる人はいないし、福島の米や野菜を好んで買う人もいないのが現実。政府は決してこんなこと言えないだろうが、子供だけでも福島からとっとと退避させたほうがいいでしょ。原発が福島をそんな場所にしてしまった事実に、そろそろ真っ向から向き合うべきではないのだろうか・・・。