問題提起という名の罪

朝日新聞が窮地に立たされてますね。

ジャーナリスト魂なのか何なのか、それほど問題になっていないことを世論を盛り上げてわざわざ問題にしてしまうのが好きな人達がいるようだ。それはやってる側からしたら正義の問題提起なのかもしれないが、それが国家の名誉を傷つけたり、他国との関係を悪化させたりして、しかもその情報元がロクに信用出来ないものだったら・・・これはもう犯罪でしょう。靖国といい、慰安婦といい、なぜこの新聞社は余計なことをして中韓との関係を悪化させようとするのだ。

そしていまだに、「確かに誤報だったが、慰安婦問題の本質は変わらない」という論点に終始する朝日サイド。世界中どこの国にもあった話を、わざわざ自虐史観的に自国のものだけセンセーショナルに取り上げたことが問題なんであって、慰安婦問題そのものをいまさら改めて論じて何がしたいのか。靖国もそうだが、朝日のせいで中韓との関係がおかしくなったって自覚してるんだろうか。責任取れよと言いたい。