読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1984年

電子書籍で買って昨日読了。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

巻末の訳者あとがきによると、 イギリスでアンケートを取った「読んだふりをしてしまう本」第1位がこの「1984年」らしい。あまりに有名であるが故に、実際に読もうという気がおこらないのかね。

ま、それはともかく、1984年生まれとして一度は読んどかないということで読んでみたのでした。1948年から見た1984年の未来予見。とても60年以上前の小説とは思えないくらい面白い。幸いにして世界は50年代に核戦争を起こすこともなく、ビッグ・ブラザーの全体主義に陥ることもなく21世紀を迎えられたが、このテレスクリーンというやつは密かにあちこちに仕掛けられ始めているのでは?

そんなわけで、フィクションからノンフィクションへ。続いて次はエドワード・スノーデンの暴露本を読もうと思う。