首位ターン

前半戦終わり!

07/09(水)● 0 - 3 De 菅野初回に被弾 敗:菅野(8勝4敗)
07/11(金)● 5 -12 神 投手崩壊で大敗 敗:大竹(6勝4敗)阿部⑨、長野⑥、ロペス⑮
07/12(土)○ 5 - 0 神 杉内2安打完封 勝:杉内(7勝3敗)亀井④
07/13(日)● 4 - 6 神 関本に満塁被弾 敗:澤村(1勝1敗)ロペス⑯、アンダーソン⑨
07/14(月)● 1 -12 ヤ 内海復帰飾れず 敗:内海(1勝6敗)
07/15(火)○ 4 - 3 ヤ 鈴木好走塁生還 勝:青木(2勝1敗)
07/16(水)○ 5 - 2 ヤ 菅野8回1失点 勝:菅野(9勝4敗)

まあちょっと途中まで酷かったが、最後連勝して終わって良かった。打線が上向いてきた・・・ような感じもするのだけど、この7戦で最高が5点ってのを見るとまだまだなのかなあ。今確実に頼れるのは坂本と長野と亀井。阿部と村田は試合によって殊勲打打ったりブレーキになったり波が激しい。アンダーソンとロペスも安定感に欠ける。片岡と橋本は、なぜレギュラー張れてるのか疑問なくらい低調。

投手もずば抜けていいわけではないので、何で首位なのか不思議なくらい。個人成績見てると、3位~4位あたりでウロウロしててもおかしくないくらいの感じなんだけどね。でも前半戦はやっぱり、接戦を制したり、終盤逆転勝ち・サヨナラ勝ちが結構あった。得点圏打率は12球団で1番らしいし、勝負強い野球をしてるってことかね。

後半戦のキーマンは長野と澤村をあげとこう!