国民が全て知る必要はない

日経の世論調査で秘密保護法案への反対票が賛成票を大幅に上回ったとか。どうみたってマスコミの猛反対キャンペーンのおかげなんだが。

民間側の人間だから敢えて言いますけど、知る権利がどうとかちゃんちゃらおかしいわ。何に対しても知る権利振りかざしてたらきりないっつうの。メディアにそうやすやすと漏らしてはいけない国家機密なんてあって当然なんだよ。政府が例えばそれを私腹を肥やすために利用するとでも? 国益のための秘密は秘密にしておくべきでしょ。たとえば、北朝鮮拉致問題解決に向けて裏でいろいろ交渉を進めていたとして、それがたとえ金の絡む汚い交渉だとしても、最終的に拉致被害者が帰国できれば何の文句もありませんよ。

政治なんてのは必ずしも清廉潔白である必要はないと思ってます。どんな人間だって裏で何やってるか分かったもんじゃないのに、国政だけクリーンにしろ、すべて公開しろなんておこがましい話でしょ。国民やメディアが全て知る必要などない。知らせちゃまずいとこは知らせずにうまいことやってくれ。いい例じゃないが福島第一原発だってメルトダウンしたことを随分後から知らせたおかげで大パニックにならずに済んだんだから。うまいやり方だと思うよ。清濁併せ呑んで、結果的に国と世界が良い方向に進めばそれでいい。秘密保護法案は何が何でも本国会で可決させるべきです。