真夏の5月

真夏日でした。まだ5月14日なのに。

松本清張の「火の路」を読み終わって、なんとも言えぬ結末が切ない初夏の日。こんな難解な小説をよく新聞に連載してたもんだ。益田岩船見てみたいな。

火の路〈上〉 (文春文庫)

火の路〈上〉 (文春文庫)

火の路〈下〉 (文春文庫)

火の路〈下〉 (文春文庫)

シャープがまた社長交代らしいですね。再建半ばなのに迷走してますって言ってるようなもんじゃないか。サムスンとの提携話をまとめたのは前社長の片山で、奥田社長は藁をも掴む思いで踏み込んだ鴻海との交渉が決裂。無能そうだなと思ってたらやっぱり無能だったか。片山は方向が間違ってたけど牽引力はあったんだよなあ・・・。結局、純損益5300億の巨額赤字を計上。やべえだろこれ。ホントに9月にCB償還できんの?

野球ネタ以外もたまには書こうと無理やり書くと、こういうどうしようもない記事になるのですね。