長期連載漫画ランキング

※このページは随時更新します。(最終更新:2018/08/18)

▼日本の長期連載漫画ランキング(2018年9月現在)

同一作者の同一作品(シリーズ)の継続期間。日刊も週刊も月刊も混在。短い休載は考慮しない。赤字は連載中。

順位 タイトル 作者 年数 期間 連載誌
1 仙人部落 小島功 57年11ヶ月 1956.10〜2014.08 週刊アサヒ芸能
2 小さな恋のものがたり みつはしちかこ 52年4ヶ月 1962.06〜2014.09

美しい十代他

3 超人ロック参考記録 聖悠紀 51年0ヶ月 1967.10〜 少年キング
4 タンマ君 東海林さだお 50年9ヶ月 1968.01〜 週刊文春
5 碧南一家 加藤まさみ 50年8ヶ月

1967.02〜

2017.09

広報へきなん
6 のらくろ(シリーズ) 田河水泡 50年0ヶ月 1931.01〜1980.12 少年倶楽部
7 ゴルゴ13 さいとう・たかを 49年11ヶ月 1968.11〜 ビッグコミック
8 サラリーマン専科 東海林さだお 49年9ヶ月 1969.01〜 週刊現代
9 ジャンケンポン 泉昭二 49年1ヶ月 1969.09〜 朝日小学生新聞
10 まっぴら君 加藤芳郎 47年5ヶ月 1954.01〜2001.06 毎日新聞夕刊
11 赤兵衛 黒鉄ヒロシ 46年3ヶ月 1972.07〜 ビッグコミック
12 台所剣法 亀井三恵子 44年10ヶ月

1970.10〜2015.07

しんぶん赤旗
13 ほのぼの君(ちびっこ紳士) 佃公彦 44年0ヶ月 1956.03〜2007.03 中日新聞
14 三丁目の夕日 西岸良平 44年1ヶ月 1974.09〜 ビッグコミックオリジナル
15 ズクたん 西沢まもる 44年1ヶ月 1974.09〜 信濃毎日新聞
16 まんまる団地 オダシゲ 43年8ヶ月 1975.02〜 しんぶん赤旗
17 浮浪雲 ジョージ秋山 43年10ヶ月

1973.12〜2017.09

ビッグコミックオリジナル
18 ぐうたらママ 古谷三敏 43年6ヶ月 1975.04〜 毎日新聞日曜版
19 わんころべえ あべゆりこ 42年9ヶ月 1976.01〜 なかよし
20

ガラスの仮面参考記録

美内すずえ 42年9ヶ月 1976.01〜 花とゆめ
21 こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治 40年4ヶ月 1976.06〜2016.09 週刊少年ジャンプ
22 王家の紋章 細川智栄子 42年0ヶ月 1976.10〜 プリンセス
23 エロイカより愛をこめて参考記録 青池保子 41年10ヶ月 1976.12〜 プリンセス
24 あぶさん 水島新司 41年0ヶ月 1973.02〜2014.02 ビッグコミックオリジナル
25 アサッテ君 東海林さだお 40年9ヶ月 1974.04〜2014.12 毎日新聞
26 パタリロ! 魔夜峰央 39年10ヶ月 1978.12〜 花とゆめ
27 風雲児たち(シリーズ) みなもと太郎 39年3ヶ月 1979.07〜 コミックトム
28 釣りバカ日誌 北見けんいち 39年1ヶ月 1979.09〜 ビッグコミックオリジナル
29 かりあげクン 植田まさし 38年10ヶ月 1980.12〜 まんがタウン
30 サンワリ君 鈴木義司 38年1ヶ月 1966.06〜2004.07 読売新聞夕刊
31 おとぼけ課長(シリーズ) 植田まさし 37年7ヶ月 1981.03〜 まんがタイム
32 気まぐれコンセプト ホイチョイ・プロダクションズ 37年0ヶ月 1981.10〜 ビッグコミックスピリッツ
33 ヒゲとボイン 小島功 36年9ヶ月 1974.06〜2011.02 ビッグコミックオリジナル
34 あさりちゃん 室山まゆみ 35年8ヶ月 1978.08〜2014.03 小学館学年誌
35 フクちゃん 横山隆一 35年4ヶ月 1936.01〜1971.05 朝日新聞
36 コボちゃん 植田まさし 36年6ヶ月 1982.04〜 読売新聞
37 島耕作(シリーズ) 弘兼憲史 35年8ヶ月 1983.02〜 モーニング
38 バリバリ君 井上サトル 34年9ヶ月 1968.07〜2003.03 聖教新聞
39 がんばれゴンベ 園山俊二 34年0ヶ月 1958.07〜1992.07 毎日小学生新聞
40 なんと孫六 さだやす圭 33年4ヶ月 1981.03〜2014.06 月刊少年マガジン

 

(以下、2018/8/18追記

この2年の間に「浮浪雲」「台所剣法」「碧南一家」が終了。そしてついに!今年11月にはゴルゴ13が連載50周年。漫画誌での50周年は日本初です。誰も注目してないけど「タンマ君」も50年越えました。ところで日経エンタテインメントに下のような記事が載ってますが、ほぼ確実にこのページを参考にしていると思われます。このページのランキングと違って商業漫画誌のみを対象としているので、比較的連載年数が浅いものも記載されてます。ただこれ、「スーパーマリオくん」(1990~)、「HIGH SCORE」(1995~)が漏れてますね。他にもあるかも。style.nikkei.com

(以下、2016/9/3追記

ついに!ついに!!こち亀が40年の連載に終止符。お疲れ様でした。ということでこのページの参照数も増えると思うので、2年ぶりに更新しました(とか言ってるそばからTwitterからガンガン飛んできてるんだけど何コレ・・)。いやー、3年前に下の方で「200巻到達で何が起こるか想像もできない」と書いたけど、まさか終わってしまうとは。

それにしてもこの2年で仙人部落も、小さな恋のものがたりも、アサッテ君も終わってしまいましたね。仙人部落は作者が亡くなって60年には到達できず。ゴルゴは無事50周年を迎えることができるのか・・・頑張れさいとう先生。ところで、この機会に見逃していた「ぐうたらママ」をこっそり追加しました。あとちょっと下の方の精査ができていないので、またこっそり修正するかも。

(以下、2014/5/3追記

  • なんと孫六:連載391回・33年4ヶ月の武闘系野球漫画、ついに連載終了。Yahooトップでも「月刊少年誌最長連載」と報じられました。「月刊誌」全体ではなかよしの「わんころべえ」が38年以上連載続いてるんでね。ともあれ月刊誌長寿No.2、お疲れ様でした。

(以下、2013/12/28 追記

  • あぶさん:連載41年、ついに完結が告知されました。いよいよ残り3話、14年2月に連載終了予定。
  • あさりちゃん:こちらも、来年の「小二」3月号での連載終了が発表されました。実に連載35年8ヶ月。単行本100巻は2月末発売予定。

(以下、2013/3/31 記)

  • 仙人部落:日本の漫画史上最長連載記録を静かに更新し続けるバケモノのような漫画。ついに連載57年目に突入しました。作者は現在85歳、果たしてどこまで続くか・・・。ギネス世界最長記録はThe Pottsという62年続いた漫画。あと5年はさすがに厳しいか。
  • 小さな恋のものがたり:2011年末に2年ぶりの新刊が刊行され、一時病気で休養していた作者も復帰して、関連本なども50周年を謳っているのでこのたび連載継続中扱いとしました。のらくろ超え、おめでとうございます。50年経ってもチッチとサリーは17歳のまま・・・この漫画はいつまでも続いていてほしいよ。雑誌連載はお休み中ですが、次の新刊はいつになるか。
  • 超人ロック:とうとう45年を超えました。ストーリーシリーズ物としては最長でしょう。現在もコミックフラッパーヤングキングアワーズに連載中。
  • ゴルゴ13:説明不要ですね。ページ数で数えればぶっちぎりで1位。隔週で40P以上書いてるんだから。単行本は現在167巻。今年は13イヤー&連載45周年でいろいろ企画があるそうです。ゴルゴ学本もそろそろ改訂版を出して欲しい。さあ目指すは50周年。
  • ジャンケンポン:現役の新聞漫画で最も長く続いているもの。何が凄いって休載が一度もないらしい。連載回数は今年1月に13,316回に到達し「まっぴら君」を超えた。まっぴら君は夕刊連載で日曜休みですからね。目指すは「ほのぼの君(+ちびっこ紳士)」の15,451回。・・・ん?何で2000回も差があるんだ?
  • 赤兵衛ビッグコミックの一番後ろに陣取るオトナのナンセンス漫画。昨年ついに40周年。この40年で出た単行本が1冊だけってのもすごい。
  • あぶさん:引退して助監督に就任してもまだまだ続くあぶさん。この冬で40周年なんだけど記念企画などはなく、あまりアピールされてないようだ。ドカベンはシリーズ間の中断期間が長いのでランクインしてませんが、あっちもいつまで続くのやら・・・。
  • わんころべえ知名度がなさすぎる最長少女誌連載&最長月刊誌連載。37年。ネット上でもほとんど話題に上らないが、なかよし公式サイトを見るとまだ連載中なのは間違いない。
  • ガラスの仮面:90年代には半分休載状態だったこの漫画も、2008年にようやく本格再開し、それでもなかなか物語は進まず読者をヤキモキさせている。70代のファンから「私が生きている間に完結させて・・」と悲痛な手紙も来たらしい。確かにストーリー漫画が37年続くってのは読む側からしても生き地獄に近いよね。早いとこ終わらせてあげてください・・・。
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所:少年週刊誌で36年とかもう想像を絶する。単行本は現在184巻。巻数で見ればダントツ1位。200巻、連載2000回まであと3年くらいか。その時に何が起こるのか想像もつきません。
  • あさりちゃん学年誌が小一・小二だけになり、昨年初頭に「単行本100巻で終わらせる」宣言があったが現在まだ98巻。現在は小二だけで連載が続いている。あと2年ってとこですかね。
  • 釣りバカ日誌:映画は終わっても漫画は終わる気配のないトンデモサラリーマン漫画。相変わらず読者人気はあるようだ。
  • コボちゃん:連載10,000回目で妹が生まれて話題になったコボちゃん。個人的には新聞連載漫画の中ではクオリティが群を抜いているように思う。植田まさし作品はかりあげクンとおとぼけ課長も30年超えてます。しかも全部きっちり面白いってのが凄すぎるわ。
  • 島耕作シリーズ:最終回でやるのかなと思っていた大町久美子との結婚をあっさり果たした島耕作。連載30周年が大々的に祝われていますが、6月に社長辞任する予定らしいです。思ったより早かったな。終わるのか、それとも「会長島耕作」が始まるのか?

仙人部落の60年超え、ゴルゴの50年超えは果たして達成できるのか・・・注目ですね。