夢奇房第10回公演

ゆめきぼうって変換するの面倒くせー!

さて今年も夢奇房見に行ってきましたよ。記念すべき第10回公演ですか。忘れないうちに感想書いておきます。

とりあえず何が凄いってすっげえ並んでました。並ぶの嫌なので、開場から開演までの30分の間に着くように行ったのですが、それでも並ばされました。開場後に着いたはずなのに、15分くらい待って、ようやく席に吸われたのは開演5分前。4年前はこんなことなかったのに、確実に人増えてますね。大したもんだ。でも雰囲気作りなのか何なのか知らんが、何で開演前に会場全体が暗くなってんねん。おかげで、席で仲間と落ち合えませんでした。

さて感想を。

  • ボールジャグ:お手玉しながら後ろに倒れこんでいってお手玉し続けるのがすごかった。カジる仕草がいろいろあったけどあれは食べ物のつもり?
  • カード(1)月のワルツ!!!!!! こんな所であの名曲を聞くとは!! 最初にオルゴールバージョンでタンタラランタンタラランって3秒ほどイントロが流れただけで「!!!!!」ってなった。曲だけでも満点ですが技術もすげえし満月の出る演出もすげえしもう完璧でしょこれ。感動した。ここまでのダレた空気(←おいこら)を一気にリカバリした感じ。名前を見たらFISMにも出てた有名な人じゃないか、いつのまに夢奇房に。いやー良かったわ。手品見に来てる人間としてはこういう演技をもっと見たいんだがな・・・。
  • フレアー:安定の遊氏。最初日本酒でやってその後洋酒でやって、と。なんかちらほらグラス出す手品もやってたのでちょっとは役に立ったのかしら(何が)。役どころ的には噛ませ犬。かわいそう。
  • シガーボックス:おもむろにバーカウンターからシガーボックス取り出したのに笑った。何でそんなもんがそんなとこに。結構落としてたけど大技は決まってたので問題なし。女性がこっちになびいた理由はよく分からん。
  • バルーンま た お 前 か ! ! なんか知らんがウサギだけ去年と役名も同じやし。時空を超えるウサギ。しかもこいつら今年は正直ストーリーにほとんど関係ないのに強引に絡んできた。昨年に比べると短くまとめてたけど、観客席まで舞台みたいにしてしまうのはさすがですね。N井さんラストステージお疲れ様。
  • 和妻アラカルト:掛け軸に絵が出るという地味な現象が地味に好き。和傘でもっと盛り上げるのかと思いきや結構あっさり終わった。もうちょっと何か欲しかったなー
  • カード(2):シナリオ組む人は演目かぶらんように調整したほうがいいと思う・・・。この方も上手だったんですけど(1)が凄すぎてね。あと白い衣装+カードってのは、たとえカードに色が付いていてもやっぱ見にくいように思う。
  • クラブ:ニワトリになる演出なんて初めて見た(当たり前)。5個はすげー。卵を生んでお手玉とかするのかとか期待したけどさすがにそれはなかった。
  • ボール/マスク:これは・・・何だったんでしょう? 最初は表向きに立ってる人がボールやって、そのあと裏からの絵に切り替わってもう一人がマスクやったという解釈で合ってる? でもだとしたらイスの位置関係おかしいよな。かなり斬新な演出だけど、ふたりの絡みがあるんだかないんだか中途半端だし分かりにくかった。でもなんかいろいろ可能性を感じる演出ではありました。
  • 偽の手:ラスボス感漂ってて、鳩かゾンビでばーんと決めるのかと思ったらただの小物でしたという。しかしまあ新しいなあ・・・。面白かったし、パントマイム上手でちぎれた手に見えましたよ。でもちょっと子供には刺激の強い演出だったんじゃないかな。
  • リング:人間界への扉を開く儀式・・・なのか。何よりあのでっけーリングに驚いた。特注品なのか。あれをバンバン投げたりするのかと思いきやそれほどでもなかったのでちょっと残念。でも飽きの来ないリングでした。
  • ポイ:ストーリー上の位置づけがよくわからない人。ってそんな人いっぱいいたけど。暗闇の夜光虫はもうアートの領域ですね。幻想的。いつかの光るリングを思い出しました。
  • 主役2人:可愛い。良かったです。最後「二人は幸せなキスをして終了」展開になるんちゃうかと恐れていたら違ったのでホッとした(何が)。しかしルル君の「だって僕、道化だもの!」が「だって僕、童貞だもの!」に聞こえてえっ何それはと血の気が引いたのは私だけですねはいすみません。
  • ストーリー全体:とにかく長い。最初の演技が始まるまで15分ってどういうことやねん。おかげで最初30分は客席もかなりダレた雰囲気でした。カード(1)の彼のおかげで持ち直したけど、休憩入れて2時間15分は長すぎる。「え、今の必要?」って感じのシーンも多い。大体観客はヘタな芝居を見に来てるんじゃなく手品とジャグを見に来てるんだから、もっと削ぎ落として密度濃くして欲しいよ。あとストーリー自体は去年よりは明解になって良かったけど、相変わらずサイレントの芝居は伝わらない・・・。伝わらない芝居なら初めから無いほうが良いのでは。ついでにエピローグ10分以上も長すぎ、いつ終わんねん!と思った。

といろいろ書きましたが全体的には満足ですよ。ただ初めて見にきた後輩も「長い」「要らんシーン多すぎ」と言ってたので、結構多くの人が感じてるように思う・・・。2~3年前まではこんなことは思わなかったんですけどね。

ということで以上です。また来年~。