山中教授にノーベル賞!

iPS細胞の京大・山中教授にノーベル賞! ノーベル賞って、かつて功績を上げた人に忘れた頃に与えられる物のような印象が強いけど、今回は正真正銘、今まさに進行しつつある研究に対して与えられましたね。素晴らしいことです。まだ50代なんよね、若いことはいいことだ。
阪大元総長の岸本忠三が、「まだ無名の頃から目をつけて支援していた!」とドヤ顔で語っていました。さ、さすが・・・。