造反組の愚かさよ

今回の民主党分裂騒動で一番卑怯なのは小沢を筆頭とした造反組だと思う。
テレビで小沢チルドレンの一人が「国民の生活を第一に考えて10年以上やってきた民主党が、政権交代以来、私の理想とする政党ではなくなってきた。だから離党する」的なことを言ってた。何言ってんだか。民主党は政権交代前からずっと、国民のことなんか考えてなかったから今の惨状があるわけで。今回の造反組は、国民側に擦り寄る姿勢を見せて新党結成し、次の選挙に有利になるよう動いてるだけ。結局、政権獲ってから世論が民主党に対して厳しくなったから離れたかっただけでしょ? ずっと民主党にいた連中が今の民主党を批判できる立場にあるとでも思ってるのか。
はっきり言って増税はもう既定路線だし、致し方ないでしょう。つーか民主造反組もそんなことは理解している。ただ民主本体を悪の権化としておくことで造反組を国民の味方に見せたいパフォーマンスでしょ。そんなもんに誰も騙されないよ。
今やマスコミ含めた日本全体が民主党批判に明け暮れてるけど、3年前の総選挙で民主党に入れた連中に政権批判する権利ないでしょう。あんたらの責任やっちゅーねん。あの異常な圧勝のせいで、国民の声の代弁者と思い上がった民主党がこの国をこんな状態にした。普天間尖閣、震災対応・・・民主党に政権をとらせた国民、持ち上げたマスコミの責任は重い。なのにマスコミも民主党批判ばっかりで、そういった自省的論調はほとんど見られない。自分たちのしたことを振り返らなきゃいけないのは民主党だけじゃないんだよ。