読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SoundHoundが凄い

iPhoneアプリの件。
まあ結構有名なので今更私が紹介するまでもないんですけど、やっぱ凄いので紹介。SoundHound! なんというかもう本当に凄いの一言ですわ。
早い話が、音楽を聴かせると、膨大なデータベースとマッチングして、そのタイトルとアーティスト名がぱっと表示されるという代物。街で流れてる曲、テレビで流れた曲、「この曲なんて曲?」って疑問にパッと答えてくれます。iTunesでそのままダウンロードもできちゃうし、YouTubeや歌詞サイトへのリンクもあったりする。
これがですね、本当に一瞬で判定してくれる。雑音だらけでも大丈夫。きちんとCD・レコード音源を使っていればほぼ確実に当ててくれるし、ライブや歌番組の音源でもほぼ確実に判定してくれます。さらに、自分で適当に唄ってもそれなりに判定してくれる! 音痴な自分がPerfumeの「レーザービーム」を歌ったらちゃんと判定してくれた。すげえ。
洋楽のヒット率はめちゃくちゃ高いです。インストゥルメンタルでも大体行けます。ただ邦楽は、無理な時もあります。特に日本のインスト系はちょっと厳しい。ゲームミュージックもダメです。
この手の技術は、個人的には随分前から普及を願っていて、実は今から8年前にSHAZAMというアプリのことをこのブログに書いてるんですね。って別に僕が作ったわけじゃないんですけど。SHAZAMも当時は特定のダイヤル電話をかけて音楽を聞かせるというボーダフォン限定サービスだったのが、今やAndroid/iPhoneアプリに進化しています。ただ、SHAZAMも落としてみたけど、アプリとしての完成度はSoundHoundのが上。CuscoのAlcatrazとか、Flank MillsのSpanish Coffeeとか、おそろしくマイナーな曲まで引き当ててきたときは驚愕しました。
唄ってみてきちんと判定されるかとかいうゲームにも使えたりするので、個人的には極めてナイスなアプリです。