日シリ-6 最後は阿部

6戦目!

矢野の2点タイムリー、長野のソロHR。しかも澤村の球も走りまくっていて、これもう楽勝やん!と思ってたら中田翔に同点3ラン被弾。澤村の「6回いきなり崩れる病」は相変わらずだ。しかしはっきり言ってあれは打った中田を褒めたい。ここで一発ほしいという場面で塁に二人置いて初球打った瞬間の完璧弾ですから。ずーっと眠ってた4番があの場面で起きるとは。このシリーズで一番、日ハムすげえわ・・・と思った瞬間でした。

そして次の回の2死満塁のピンチで福田から京介に変わり、糸井が真芯でとらえたあの打球はもう心臓止まりそうになったよ。行ったと思ったもん・・・。あれで入ってたら終戦、その勢いを持ってすれば7戦目も、というとこでしたが、あと一歩伸びず、長野がいいところにいて捕球。ああ怖かった。

その裏でした。長野死球、松本犠打、坂本三振、で、今シーズンの主役、満身創痍の阿部がセンター前タイムリー!!! やっぱり最後は阿部でした。そして最後は山口が締めてゲームセット。

3年ぶりの日本一! 原監督は11回宙を舞いました。

そのままG+でビールかけの閉場まで観てしまいましたとさ。休みの日で良かったわホンマ。