さらば魁皇

ついに魁皇が引退。
貴乃花若乃花・曙と同期で現役生活は23年。自分が小学生の頃から幕内の上のほうにいて、いまだに番付に名前があるのは彼一人だ。霧島や小錦や寺尾とも対戦してるんだよな。通算1047勝、大関在位65場所(約11年)。現役10年そこそこでやめてしまう力士がわんさかいる中で、このしぶとさ、強靭さは特筆すべきところです。
八百長に関しては、今更もう何も言うまい。あの大ガサ入れでも何も出てこなかったわけだし、証拠がないことですからね。たとえ関与してたとしても、この人が大関まで上り詰め、その地位を11年維持したのは実力があったからこそでしょう。本当にお疲れさまでした。
武双山が2004年に、栃東が2007年に、琴光喜千代大海が2010年に引退(注:琴光喜は解雇)した。そして横綱・大関には日本人が一人もいなくなった・・・。さあ、上がってこい日本男児よ!