PSVITAとWiiU@E3 2011

今年もやってきたE3。任天堂SCE両陣営ともに新ハード発表!
・・・しかし、何だかどちらの新ハードも肩透かし感が大きく、3DSが発表された昨年のE3に比べるとどうにも盛りあがりに欠けるような印象は否定出来ないのでありました。
PSPの後継ハードであるPSVITAは、ソニーとは思えないほど衝撃的な価格設定には驚いたものの、ハードそのものはPSPの正統後継というだけあって、「相応に進化した」という印象。背面タッチパネルなんかの新しいインタフェースとか3G搭載に関しても、おまけ程度の印象しかない。PSPからの買い替えはしっかりと進みそうですが、新規顧客の獲得は難しそう。ただ国内では3DSよりも売れるんじゃないかという予感がヒシヒシと。3DSの価格設定はかなり強気なので。
Wiiの後継ハード・WiiUは、いろいろな新機能を付けたiPadのようなコントローラがウリ。PSVitaよりも冒険したというか、新しい遊び道具という感じで、テレビの画面とコントローラの画面2つを使っていろいろなことができるようですが・・・直感的だったWiiリモコンと違い、いまいちイメージが掴めない。結局どこへ向かうのか、まあ発売来年なんで別にいいんですが、「今度はそうきたか!」と思えるほどの任天堂らしい勢いを感じない。うーん。
だんだんゲームユーザーも新しいものを求めなくなってきたのかな。任天堂が従来型ゲームへの回帰路線を強くしているのは見れば分かるんだけど、ゲーム人口の拡大とかのコンセプトも消えたわけじゃない。3DSはもっと盛り上がると思ってたんだけど、それもちょっと空振りした感があるし。任天堂もちょっと暗中模索の局面に入ったのかもしれない。
ま、個人的にはもうすぐWiiで出るリズム天国が一番の期待ポイント。このソフトの発売前にWiiを手に入れねば!! 結局国内で値下げはないのか・・・?