福島県知事の謎の被害者面

f:id:naf:20110422125026j:image:h250
菅のポーズ(笑)はどうでもよくて、原発事故以降の福島県知事の立ち位置がおかしいと思うのですが。そもそも国が福島県に謝る意味がよくわからない。いくら国策で推進してた事業と言っても、これは逆じゃないのか? 福島県が全国にご迷惑おかけして申し訳ない、と、原発の管理責任がある福島県が国に陳謝しにいく、ってのが普通じゃないの。そして国が福島県に謝るのなら、流れとしては県が各市町村に謝りに行くのが筋じゃないか。そんなことしてないしな。
県のホームページの知事メッセージにはこんなことが書いてある。

国、事業者はこれまで、原子力発電は何重にも安全対策が施されているから絶対安全だと言い続けてきました。裏切られた思いです。

原発政策を推進していた県のトップとしてはあまりにも被害者意識が過ぎるだろ。この知事、原発政策推進派だっただけでなく、福島原発でのプルサーマル受け入れの推進派でもある。謝罪しろとまでは言わないが、その政策について、今後の身の処し方を県民や県外の国民に説明する責任があるんじゃないの? 東電や保安院が謝りに来るたびに、偉そうな態度で突き返したり、厳しい言葉を浴びせたりしてるようだが、こんな事態になっていきなり批判する立ち位置に回るってどういうことなんだ。批判される側のはずじゃないのか?