長期連載漫画ランキング 2011年版

1年経ったので改訂。今回は媒体ごとに分けてランキングしました。
日本の漫画・長期連載ランキング(2011年3月時点)

  • 同一作者の、同一(シリーズ)作品が対象。発表ペースやページ数に関わらず選んだ。
  • 連載期間は2011年3月終了時点。休載期間は、特に長いものを除いては考慮しない。
  • 連載開始月は、判明しているもののみ記した。雑誌の場合は号名からなので実際の発売は1月前となり、新聞などとは期間が食い違うが面倒なのでこれも考慮しない。
  • 赤字は連載継続中のもの。

▼一般・青年漫画誌部門

1 ゴルゴ13 さいとう・たかを 42年5ヶ月 1968.11〜 ビッグコミック
2 赤兵衛 黒鉄ヒロシ 38年3ヶ月 1973.1(?)〜 ビッグコミックオリジナル
3 あぶさん 水島新司 37年5ヶ月 1973.11〜 ビッグコミックオリジナル
4 浮浪雲 ジョージ秋山 37年4ヶ月 1973.12〜 ビッグコミックオリジナル
5 ヒゲとボイン 小島功 36年9ヶ月 1974.6〜2011.2(※1) ビッグコミックオリジナル
6 三丁目の夕日 西岸良平 36年7ヶ月 1974.9〜 ビッグコミックオリジナル
7 風雲児たち(シリーズ) みなもと太郎 32年9ヶ月 1979.7〜 コミックトム他
8 釣りバカ日誌 北見けんいち 31年5ヶ月 1979.11(?)〜 ビッグコミックオリジナル
9 かりあげクン 植田まさし 30年4ヶ月 1980.12〜 まんがタウン他
10 おとぼけ課長 植田まさし 30年1ヶ月 1981.3〜 まんがタイム

単行本160巻、超人的独走状態のゴルゴを、ビッグコミックオリジナル軍団が追いかけるという構図は当面変わらないと思われる。あぶさんは現役引退したのに連載は終わらず。11位以下は「気まぐれコンセプト」「課長島耕作シリーズ」「美味しんぼ」「クッキングパパ」・・・と何故か10位以内よりも著名な作品が並んでいる。(※1 小島功ヒゲとボイン」は2011年2月より当面連載休止。作者の年齢等を考慮し、一旦終了扱いとしました)
▼少年少女漫画誌部門

1 超人ロック(シリーズ) 聖悠紀 43年 1967〜 週刊少年キング他
2 わんころべえ あべゆりこ 35年3ヶ月 1976.1〜 なかよし
3 ガラスの仮面参考記録 美内すずえ 35年3ヶ月 1976.1〜 花とゆめ
4 こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治 34年10ヶ月 1976.6〜 週刊少年ジャンプ
5 王家の紋章 細川智栄子 34年6ヶ月 1976.10〜 プリンセス
6 エロイカより愛をこめて参考記録 青池保子 34年4ヶ月 1976.12〜 プリンセス
7 あさりちゃん 室山まゆみ 32年8ヶ月 1978.8〜 小学館学年誌
8 パタリロ! 魔夜峰央 32年4ヶ月 1978.12〜 花とゆめ
9 なんと孫六 さだやす圭 30年1ヶ月 1981.3〜 月刊少年マガジン
10 ドラえもん 藤子・F・不二雄 26年10ヶ月 1970.1〜1996.10 小学館学年誌他

2ch等、多方面から「超人ロックがねえぞ!」との指摘を受けていたので今回ランクイン。ちなみに'67年の時点では同人誌での発表で、商業誌連載の歴史は33年ですが、少年漫画ダントツの長寿っぷりで現在もヤングキングアワーズコミックフラッパーで連載中。少女漫画界および月刊誌業界のトップは無名4コマの「わんころべえ」、もっと知られて欲しい。「ガラスの仮面」「エロイカ」は休載期間が極めて長いので参考記録だが、一応どちらも今現在は休まず連載中なので今年はランク入りさせました。少年漫画界で「こち亀」に続く2位は「なんと孫六」、これもあまり知られてない。「ドカベン」「キャプテン翼」はシリーズ間のお休み期間が長く不定期なので除外。11位以下は「ジョジョ」「ベルセルク」「はじめの一歩」「スーパーマリオくん」など有名作品が続く。
▼新聞部門

1 まっぴら君 加藤芳郎 47年5ヶ月 1954.1〜2001.6 毎日新聞夕刊
2 ジャンケンポン 泉昭二 41年6ヶ月 1969.9〜 朝日小学生新聞
3 台所剣法 亀井三恵子 40年6ヶ月 1970.10〜 しんぶん赤旗
4 サンワリ君 鈴木義司 38年1ヶ月 1966.6〜2004.7 読売新聞夕刊
5 ほのぼの君(ちびっこ紳士) 佃公彦 37年3ヶ月 1970.1〜2007.3(※1) 中日新聞
6 アサッテ君 東海林さだお 37年0ヶ月 1974.4〜 毎日新聞
7 ズクたん 西沢まもる 36年7ヶ月 1974.9〜 信濃毎日新聞夕刊
8 まんまる団地 オダシゲ 36年2ヶ月 1975.2〜 しんぶん赤旗
9 ヒトクチ漫画 小林治 36年 1954〜1990 毎日新聞
10 フクちゃん 横山隆一 35年4ヶ月 1936.1〜1971.5 朝日新聞他

ハイレベルな新聞漫画業界。現役連載中の長寿作品は、マイナー紙や地方紙のほうが多い。現役最長の「ジャンケンポン」は今日も人知れず連載回数を重ねている。だが児童紙とはいえ天下の朝日、まだ知られてるほうか。長野の地方紙夕刊で36年以上連載を続ける「ズクたん」など、隠れた長寿作品は多い。29年0ヶ月の「コボちゃん」は14位。(※1 1956.3〜1962.12に東京新聞連載の「ほのぼの君(第1期)」は除いた期間です)
漫画誌以外・・・部門

1 仙人部落 小島功 54年6ヶ月 1956.10〜 週刊アサヒ芸能
2 のらくろ(シリーズ) 田河水泡 50年0ヶ月 1931.1〜1980.12 少年倶楽部他
3 小さな恋のものがたり みつはしちかこ 45年11ヶ月 1962.6〜2008.4(※2) 美しい十代他
4 碧南一家 加藤まさみ 44年2ヶ月 1967.2〜(※3) 広報へきなん(愛知県碧南市広報誌)
5 タンマ君 東海林さだお 43年3ヶ月 1968.1〜 週刊文春
6 サラリーマン専科 東海林さだお 42年3ヶ月 1969.1〜 週刊現代

ヒゲとボイン」は連載休止になったが、「仙人部落」は継続中。後にも先にも50年以上連載が続いた漫画は国内にはこれ以外存在せず、どこまで続くかは注目に値する。本屋で週刊アサヒ芸能を見つけたらたまには手に取ってみてください。他、東海林さだおの2作品も既にギネス級の驚異の長期連載になっており、これもどこまでいくのか。「碧南一家」はWebでも読めますのでどうぞ。(※2 連載休止中。※3 前の作者・風太郎氏('60.8〜)から引き継いだ連載。)