震災から1ヶ月

3.11から1ヶ月。
長い1ヶ月だった。被災してない自分でもこんなに長く感じるのだから、避難所の人達にとっては1年くらいに感じる長い長い1ヶ月だっただろう。しかしそれもまだ始まったばかり。現地にとっては1ヶ月など何の区切りにもならんのです。
1ヶ月経っても、余震は収まるどころかどんどん激しくなっているように感じる。今日は夕方に福島で震度6弱、そこから夜遅くにかけて5弱が3回、福島では5分おきに震度3〜4が3時間に渡って発生し続けました。埼玉でもかなり揺れましたが何なんだこれ。阪神のときもここまで余震は続かなかったと思うのですが。本震がとんでもない巨大地震だと、余震も今までの常識では考えられないほどの規模、回数、期間で続くのか。
いや本当に冗談抜きで、「がんばろう日本」とか綺麗事言ってる段階ではないと思い直しました。関連死も拡大してるし、余震でも死者が出続けてるし、原発もまるっきり収束していない。避難区域の拡大も遅すぎて話にならん。もう1ヶ月、いや、まだ1ヶ月。まずは身の回りの安全確保、余震と停電への備えを徹底。もう、何が起きても驚いていられない。