卒業シーズン

ふと気付けば、そんな季節ですね。この切なくも希望溢れる季節を、こんな状態ではなく、穏やかに迎えたかったという人も多いのではなかろうか(僕は別に、学生ではないですけど)。
津波、余震、原発事故、放射線不安、計画停電、工場操業停止、物不足・・・。あのわずか数分の大地の揺れがこんなにも日本中の経済、生活を変えてしまうなんて。あの日を境に何もかもそれまでとは変わってしまった。2011年3月11日に戦後最大の危機が始まるなんて誰が予想しただろうか。
それでも季節は巡るのです。別れがあり出会いがある。この春から進学、就職など人生の節目を迎える人は、将来確実に地震とセットでこの節目を思い出すことになるでしょうが、そうやって思い出す頃にはきっと日本は良くなっているさ。今元気をなくしている社会を、大勢のニューカマーが元気づけてくれるはず。
今年の桜はスローペースで咲く見込みだそうです。