3DS触ってきた

f:id:naf:20110205190700j:image
池袋のヤマダLABI(モバイルドリーム館4F)にニンテンドー3DS体験コーナーがあったので触ってきました。穴場らしくほとんど人がいなくて、数分待っただけで触れました。幕張でやってた激混み体験会なんて最初から要らんかったんや!スタッフ2人つけてたけど、あれヤマダの人?任天堂が雇った人?
裸眼3D液晶は、以前店頭で見たGALAPAGOS SoftBank003SHを見て「ダメだこりゃ・・・」って印象を受けたので、3DSもそんなもんかと思ってたんですが、全然違った。飛び出しのクオリティが段違い。同じ視差バリア方式、それも同じシャープ製(多分)なのに何故こうも違うのか!?犬の鼻が寄ってきたときは本当に画面より手前に鼻が出てきてた。奥行きもかなりのもの。3Dボリュームを動かしたら、奥にあった背景がグーっと寄ってきて画面のとこまでくっついたような感じになった。こいつはすげえ。画像も鮮明だし、ちょっとみくびってたわ。任天堂が「これはいける」ってゴーサイン出すだけのことはある。
焦点を合わせようと意識しなくてもちゃんと立体には見えるのですが、無意識に焦点合わせのために眼が働いてるらしく、今までのDSと同じ長時間のプレイはちょっときつそうかも。3分、それもnintendogsしかやってないので分かりませんが。というか他のゲーム映像も見たかったな、ゼルダとかバイオとか。犬だけじゃすごさが伝わりきらんよ。あ、あとスライドパッドがちょっと動かしにくい。なんか奇妙な操作感。
それとはあんま関係ないんですが、日本総本店のほうの1階でREGZAの裸眼立体テレビを見ました。しかし「うーん、よくみると立体・・・か?」という程度の飛び出し方で、しかも視野角狭くて、あれじゃまだ売れないよなあって感じでした。でもグラスレスへのチャレンジはぜひ続けていただきたいですね。