チョコレートの街角

[rakuten:soukai:10187101:detail]
ナフ子さんが住む街にはチョコレート工場があります。付近を通ればチョコレートの匂いが漂ってきます。香りがしない日は工場が稼動してない日です。
これがまたいい香りなんですよ。いつも自転車で走る通勤路から見て北の方向にその工場があるのですが、最近冬の北風でチョコの香りがかなり南のほうまで流れてきます。通勤途中にチョコが特に香る朝は、ああ今日は北風が強いんだなと分かるわけです。
匂いというのは、物質の分子が空中を飛んで鼻腔に入ることで感じられるので、街中にその工場からチョコの分子(っていうのか)が飛散してるということは、その某菓子メーカーがごく微量のチョコレートを街中におすそ分けしてるとも言えます。バレンタインも近いですしね。何て呼べばいいんだろうね。空気チョコ? 風チョコ? この街でしか味わえない、板チョコでも生チョコでもない、新しいチョコレートの形です。
あの匂いに誘われて、スーパーでもそのメーカーのチョコレート(↑)を選んでしまう今日この頃です。