暮れゆく街と秋連2010

今年は全然関東の発表会を見に行けなかった。が、秋連(関東大学奇術連盟秋の連盟発表会)は会場も近いので観に行きました。一人孤独に見に行った一昨年昨年と違い、今回は奇術仲間たちと。
今年は、夢奇でおなじみの滝野川会館での開催でした。じゃ、雑な感想をざーっと。

  • カード(成蹊):ネクタイ4色とかいろいろやってたけど、普通な印象。ファンプロが捨ててるように見えなかった
  • ダンケン(東洋):手の細かい動きがちょっと目立つ。手を使わない部分は結構不思議だった
  • コイン(筑波):おお、なかなか面白い。動きも良い。最後は袋が大きすぎてアレだが
  • コンタクトボール(早稲田):最近よく見るジャグリング。ものすごく器用なんだろうけど、遠いせいか照明のせいかちょっと見にくい
  • ウォンド(東洋):女性です。最初の雰囲気のまま最後までやってくれたら良かったのに・・・
  • ハト(東洋):鳩が元気で大変そうでしたが、良い出来。人出しは、不覚にも予想できなくて驚いた
  • タクト(早稲田):演技名酷い。演技はコメディ色が強いけど、いまいち笑えないのは何故だろう
  • 四つ玉(明治フェロー):演技名酷い・その2。演技は、特に変わったことはしてないけど正統派で上手でした
  • リング(法政):演出はいいけど、ちょっと技術がついていってない。動きは綺麗でした
  • シンブル(明治フェロー):非常に上手いと思う。最後に何とライダーに大変身!!超展開すぎて吹いたwwww
  • アラカルト(東洋):ラブコメですか。ランスバートン的なバラ出し。最後に星空キラキラ。アラカルトって難しいね・・・
  • カード(明治フェロー):派手です。派手だけど・・・何やったかあんまり記憶に残らない。とりあえず選曲がダメだ
  • ペイント(慶應):面白い雰囲気なのに、現象までの待ち時間が長くて勿体無い
  • トスジャグリング(慶應):目にも留まらぬ超絶ジャグ。もう後半何やってるのかすら分からんかったよ。すげえ
  • 和妻(東洋):華やかすなあ。沢山出て賑やかだったけどスチールは全体的に豪快でした

ということで、またあんまり褒めないレビューになってしまいましたが・・・今回も、飛び抜けた演者はいなかったようなそんな感じ。あ、今回はMCの方がプロっぽくて良かったですね。昨年までの変な小芝居もなくて良かった。
やっぱ東洋多いなあ。東大も出てくれよ。帰りはジョナサンで晩飯食いながら感想を語り合いましたとさ。