振り返る'00年代(7)漫画編

人気の勢いを表す単行本の初版発行部数でランキングします。

  1. ONE PIECE尾田栄一郎・ジャンプ・1999〜連載中)
  2. NANA-ナナ-(矢沢あいCookie・1999〜連載中)
  3. バガボンド井上雄彦・モーニング・1998〜連載中)
  4. HUNTER×HUNTER冨樫義博・ジャンプ・1998〜連載中)
  5. 鋼の錬金術師荒川弘・ガンガン・2001〜連載中)
  6. BLEACH久保帯人・ジャンプ・2001〜連載中)
  7. DEATH NOTE大場つぐみ小畑健・ジャンプ・2003〜2006)
  8. ブラックジャックによろしく佐藤秀峰・モーニング・2001〜連載中)
  9. 花より男子神尾葉子・マーガレット・1992〜2004)
  10. のだめカンタービレ二ノ宮知子・Kiss・2001〜2009)

結局、漫画業界はONE PIECEにつきる10年であったといってもいい。連載が続けば続くほど熱狂的なファンが増え、人気が上がり続ける漫画ってすげえ(自分は読んでないんでよくわからないんですが)。こないだ史上最高初版部数も出たしね。初版部数でいうと上の順ですが、今現在はワンピ・NANAハガレン・のだめ・NARUTOの5強が抜きん出ていて、残りはその遥か下にいるという状況らしい。つーか集英社が独り勝ちですね。講談社も小学館も新たなヒット作が出ない。次の10年はどうなるでしょう。ワンピは2020年になっても連載続いてたりして。