振り返る'00年代(2)国内ニュース編

この10年で日本での10大ニュースを勝手に選ぶ!
1.自民体制崩壊、民主党に政権交代(2009)

  • 一世を風靡した自民党・小泉構造改革の負の部分が目立ち始め、安倍・福田首相が相次いで早期退陣。'07年には参院選で惨敗し、自民党の求心力は確実に低下していく。'08年からの金融不況を経て世論は一気に民主党に傾き、'09年の衆院選でもわずか119議席の歴史的惨敗、結党以来初めて衆院第1党を譲り、15年ぶりに野党転落。民主党が結党11年目にして政権を獲り、鳩山首相が誕生した。
  • '00年代最後の年に駆け込みで入ってきたこれが最大のニュースだと思う。'10年代の日本がどうなるのか、良くも悪くも民主党の手にかかっている。

2.未曾有の経済危機、株価暴落と派遣切り(2008)

  • 2008年9月のリーマンショックの影響が全世界に広がり、日本国内でも海外比率の高い製造業を中心に急激に景気が悪化。トヨタ、日立、ソニーなどの大企業が赤字決算となり、非正規労働者の大量解雇いわゆる「派遣切り」が社会問題となる。
  • 実感はないものの回復しつつあった景気がここへきて再度悪化。僕らの世代が好景気を実感できるときは来るのだろうか?

3.郵政民営化(2005)

  • 2001年に首相に就任した小泉氏は劇場型政治で国民の人気を獲得、いわゆる小泉旋風が巻き起こる。構造改革の本丸と位置付けた長年の夢、郵政民営化を焦点に実施された2005年の衆院選は自民党の圧倒的勝利、すぐに郵政民営化法案が可決される。郵政省は日本郵政公社を経て2007年10月に日本郵政グループとなった。
  • 小泉フィーバーも今は昔だが、'00年代の顔とも言える首相であった。この後民主党政権となり、郵政事業は見直しを図られることになった。

4.北朝鮮拉致被害者帰国(2002)

  • 日朝首脳会談の末、北朝鮮は拉致の事実を認め5人帰国。しかしそこからは目だった進展がない。日本政府は今すぐ奮起しろ。

5.JR福知山線脱線事故(2005)

  • 107人死亡、JR発足後最大の事故。JR西の隠蔽体質も問題に。

6.大阪池田小児童殺傷事件(2001)

  • 小学校に突入し8人殺害。被告には2003年に死刑判決、翌年執行。

7.秋葉原通り魔事件(2008)

  • 白昼の歩行者天国にトラックで突入、8人殺害。

8.新潟県中越地震(2004)

  • 初の地震計測定による震度7。68人死亡。

9.食品偽装問題(2007)

10.年金記録問題(2007)

  • 社保庁のずさんな管理が問題に。未納発覚も続々。

次点は・・・村上ファンドライブドア事件、新型インフル、愛子さまと悠仁さま誕生ってとこでしょうか。ちなみにスポーツ関連はあえて外してあります。というわけで次回は国内スポーツ編。