戦いの始まり 衆院選2009

衆院選公示。これから12日間、暑い熱い選挙戦がいよいよ本格的に始まるのですね。
今回は与野党逆転の公算が大きいけど、こういう展開になったのはやっぱり格差社会と巨大不景気という2つの大きなマイナス要因が世論の流れをそうさせたのでしょう。不景気は別に与党のせいじゃないんだけどね。でも最近ちょっと景気が上向いてきたのは民主にとっては嫌な流れで、このタイミングの選挙はまさにギリギリセーフだったのかも。
民主党も日の丸切り裂きもね、指摘した側も恣意的というか、格好のマトになっちゃってるけど、あまりにも民主党の立ち位置を象徴しすぎてスゴイよね。民主党はいったいどこの国の政党なのでしょう?とか自民党が言ってますが・・・まさに・・・ね。
そういえば幸福実現党とかいうよく分からない党がいきなり現れて、小選挙区比例合わせて300人以上を擁立してますね。突然すぎてちょっと笑った。何がしたいんだ。「この選挙を通して私たちのことを知ってもらえれば」?宗教のために政治や選挙を利用してるんですか。それを思うと創価学会傘下の公明が与党として君臨してる今の状況も異常すぎるけどね。
【甲子園】1回戦で感動のサヨナラ勝ちを収めて、三重勢としては10年ぶりに1回戦突破した三重高校、2回戦であっさり敗北。三重弱すぎわろたwwwwww