さよならビックカメラSuica

f:id:naf:20090622214001j:image
既に散々騒がれてますが、ビックカメラSuicaのポイント変換率が悪くなったということで、これをメインカードとして使う価値はほぼなくなりました。具体的には、ビックポイント→Suicaへの変換率が従来100%から67%になったので、この変換申請を行った瞬間にいくらか損失が出ることになるのです。つまりポイントはビックポイントの状態のまま保持するしかなく、ビックカメラで使うしかなくなるということ。従来このカードをもってる多くの人が使っていたと思われる、ビックカメラで買い物→ビックポイント付与→Suicaチャージ変換→Suicaビックカメラで買い物・・・というループが使用できなくなっちゃうのです(ビックポイントを使用した支払いにはビックポイントは付与されない)。
このカードの何が良かったかって、ビックポイントもビューサンクスポイントもすべてSuicaに集約しておけば、電車に乗るときに「勝手に」お得になるという点。ポイントを何に使おうかとか考える暇もなくお得になるというのが良かったのに、ビックポイントをSuicaチャージできなくなるという時点でもうメインカードとしては使えないのです。
とはいえ、年会費無料のViewSuicaとしての魅力は残るので、今後は単なるViewSuicaとして、そして単なるビックカメラポイントカードとして、切り離して使っていくことになるでしょう。
移行先は、いろいろ考えた結果、既に持ってる楽天カードにしました。年会費無料、ポイント1%で特に飛びぬけた魅力はないものの、ポイントの使い道が多岐に渡るという部分が良い。大抵のものは買えるし、楽天トラベルやブックスもある。「勝手に」お得になるとまでは言えないものの、定期的に使う場所ということで。9月までにいろいろ移行手続きしておかないと・・・。