残量見える化

f:id:naf:20200621001307j:plain

風呂場のシャンプーとボディーソープを、なんとなく100均で売ってる透明ボトルに詰め替えて使うようにしたらすごく良かったという話。

やってみてわかったことは、残量が一目でわかるのは大きなメリットということ。市販のシャンプーのボトルはほとんどが中身の見えないボトル。残量は持ち上げたときの重さで推測して、そろそろ買うかという判断をするしかないですが、残量が見えることで、まだ足りるなとか、そろそろかな、と把握できる安心感はかなりのもの。いっぱいに詰めたときからどれくらいの期間でどれくらい減るのかが直感的にわかるので、いつごろ尽きるのかがなんとなく推測できる(何か月とかキッチリした期間ではなく、ぼんやりとしばらく大丈夫だなとか)。それにカラッポ状態が最後まで見えることで、買わなきゃという意識が頭に刷り込まれて買い忘れも減る。

何しょうもないことを今更投稿してるのかと思われるかもですが、変えてみてわかった、これはかなり大きい。あとは見た目的にも統一感が出てオシャレだし、詰め替え用だけ買えばよいので若干のコストダウンとエコにもなる。

それにしても世の中、液体洗剤といい、スプレーボトルといい、飲料ペットボトルといい、残量の見えない入れ物が多すぎる。耐久性とか、光から守るとか、コストとか、店頭に並べたときの訴求力とか、いろいろ理由はあるんだろうが、透明なペットボトルをわざわざ全面をラベルで覆って残量見えなくしてるのはおかしいだろう。スリットじゃダメなんですよ。一目瞭然であることが大事。おーいお茶とか伊右衛門とか、何とかしてほしい。

そんなわけで家の中の様々なものの残量を見える化するためにいろいろ詰め替えてる日々です。

三月遅れの球春到来

まだ半分も来ていないのにいろいろありすぎた2020年、ついにプロ野球開幕です。まだまだ日常には程遠いけど、野球が見られることがどんなに嬉しいことか! 相変わらずの無観客試合で、やってることは練習試合と同じなのに、本戦となるとファン側としても気合が段違いになるのは不思議です。

さてわれらが巨人は阪神を開幕3タテ。あー気持ちいい。阪神に開幕3連勝は史上初らしい。坂本岡本パーラ、打つべき人が打ってくれて大満足じゃ。投手陣もきっちりやってくれたしね。

阪神の新外人ボーアは既にボロクソ言われてますが、あの図体はやっぱ恐怖感ある。いつかデカいの飛ばされそうだと・・結局この3日では「いつか」はこなかったけど。ただメジャーであれほど実績残した打者なんだから、ちゃんと修正してくると思う。とりあえず目覚める前に3戦終えられて良かったなと。

これから半年、ワクワクする日々をよろしくお願いします。

彷徨うアイドルたち

9年間活動していたアイドルグループ・フェアリーズが活動終了しました。

残念ながら、グループのプロデュースという意味ではフェアリーズは「失敗」だったと思う。私、別にアイドル好きでもないですし、フェアリーズに関しても特にファンというほどでもないんですが、このグループはたまに動画を見てました。事務所は安室やSPEEDを輩出した大手で、朝の情報番組とかで使ってもらったりと、デビュー時からかなりプッシュされてた印象。

肝心の実力のほうも、歌は結構うまいし(口パクは皆無)、踊りもうまいし、メンバーのルックスも良いしキャラクターも立ってるし、あと楽曲もかなり質が高い。なのに、なのに、絶望的に売れない、人気が出ない、知名度も上がらない。テレビにもたまに出ていたようですが、日常的に話題にのぼることはほとんどなかった。単独ライブもやってたみたいだが、その合間にはいつまでたってもイオンモールの隅っこでミニライブやってたのです。人気としては下手なローカルアイドルのほうが高いぐらいだったんじゃないか。

プロデュース側も、本人たちも、じゃあどうすりゃ売れたんだよ!という感じだろうな。思うに、彼女らは、デビュー時からすこぶるハイレベルなパフォーマンスを見せていたので、モー娘やAKBみたいに、未熟さゆえその成長を見守るべく応援したいというアイドルオタクたちのパワーを招くことができなかったのではないか。あと、やっぱり一貫して(中学生のころから)大人っぽいイメージで売っていたので、ファン層は彼女らに憧れるような、年少の(購買力があまりない)女子たちになってしまった。SPEEDのファン層に近いんだろうけど、さすがにそこまでのファンのボリュームを生むほどのカリスマ性もないしな。

どんなに逸材をそろえても、いい曲を作っても、売れるよう押し出しても、うまくいくとは限らない。運とか時代のタイミングもあるのだろう。最後はコロナの影響もあってか、解散ライブもできずにWebサイト上の挨拶だけで解散。9年の結末としてはあまりに寂しい。とはいえ人生はまだまだ長い・・・、彼女らのこれからの前途に幸あれ。

宣言解除

予定よりも1週早く緊急事態宣言が解除されましたとさ。

まあ政府としてはこれ以上補償したくないから、解除できるなら早めにしとこうってとこだな。

私はひとまず月末まではテレワーク継続・・・いや、週2くらいでやむをえず出社してるので、半テレワークってとこか。そんな感じなんですが、明日は電車混むんだろうなあ。

無線過密

無線ルータを買い換えたときに気付いたのは、自分の部屋にいかにWi-Fiにつないでいる機器が多かったかということ。

  1. スマホ
  2. タブレット
  3. テレビ
  4. プリンタ
  5. WiiU
  6. Fire TV Stick
  7. Echo spot
  8. Echo show
  9. LS mini(家電スイッチ)
  10. Withings体重計

10個って・・・。これに加えてPCを有線で繋いでいるので、IPアドレスは11個使っていることになる。ちなみにWiiUは古いゲーム機なので、2.4GHz接続限定でした。

IPv6開通

f:id:naf:20200516184256j:plain

ステイホームで休日暇なので、家のネット環境をいろいろ更新しました。

まずはやろうやろうと思っていて出来ていなかった、光コラボへの移行をようやく実施。2015年頃から今までずっと、フレッツ光(NTT東)+ISPwakwak)という座組みでしたが、このたびOCN光+OCN(ISP)に変更して、月1100円ほどのコストダウンと相成りました。マンションタイプは月3600円(税抜)。安い、安すぎる、ADSL時代以上に安い。光の出始めを思うと考えられん。光コラボ始まってもうずいぶん経つのに、ちょっと遅すぎたな。もともとOCNwithフレッツを使っていたので、5年ぶりにOCNに帰ってきたとも言えます。

なぜOCNにしたかというと、格安SIMをOCNモバイルONEを使っているからです。これでスマホ料金も月200円ほど安くなる。小さいけど少しでも安くなるならメリットだ。

そして、プロバイダ切り替えと同時に、無線LANルータを買い換えました。もともとはIEEE802.11n(2.4GHz)しか対応していない古いルータだったけど、今回はIEEE802.11ac(5GHz)対応になった。つまりWi-Fi4→5ですね。これで通信が安定するはず。はずというか、変えてから、しょっちゅう切れたり遅延したりしていたLINE通話やビデオ通話が圧倒的に安定するようになりました。

そして何よりのメリットは、IPv6通信とIPoE接続が可能になったこと! 上記のルータが対応品に変わったことで、OCNバーチャルコネクトに標準でつながるようになった。IPoE接続とは、フレッツ網とプロバイダ間の接続方式として長年使われていたPPPoE接続に代わるもので、これに変えることで、光コラボ回線を使う際に避けて通れなかった電話局の網終端装置の混雑を緩和するものです。我が家もよーやく世間に追いついてIPv6世界に飛び込むことができました。

ただ今有線PCでスピード測ってみたら100Mbps弱くらいで、前と比べても目に見えて高速化してはいないんだよな・・・。休日だしみんなステイホームしてるから平常時よりスピードが出ないだけだと思いたい。

自分の家が今IPv4なのかIPv6なのか分からない方はこちらのサイトを使うといいです。

kiriwake.jpne.co.jp

元に戻っていく

2015年に劇場公開されて、一切ソフト化されていなかったスピッツのライブ映像「横浜サンセット2013」がYouTubeで無料公開されました。なんて太っ腹な・・・!!


『スピッツ 横浜サンセット2013 -劇場版-』

こういうときのためにとっておいたんじゃないかとすら思える。

 ♪いろんなことがあったけど みんな元に戻っていく~ ・・・といいね。

鴻巣まで見に行った5年前の記事。

naf.hatenablog.com