PMBOK

プロジェクトマネジメントのお勉強をしています。

PMI(プロジェクトマネジメント協会)というワールドワイドな組織があり、そこはPMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)という資格認定をしているんですが、その資格試験のためのガイドがPMBOKというのです。

セミナーでそれが配布されたんですが、これがまた700ページ超の鈍器みたいな巨大な本で、ここにプロジェクトマネジメントのありとあらゆるエッセンスがぎっしりと詰め込まれているのです。資格を取るにはこいつを読み込まなければならない。眩暈がします。

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド PMBOKガイド 第6版(日本語)

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド PMBOKガイド 第6版(日本語)

  • 作者:Project Management Institute
  • 出版社/メーカー: Project Management Inst
  • 発売日: 2018/01/01
  • メディア: ペーパーバック
 

プロジェクトはいくつかの工程に分割され、その1つの工程は49のプロセスに分割されるんだと。プロセスってのはプロジェクトルールを決めるところからその終了までね。一体どこの誰がこんなややこしいプロセスを使っているというのか・・・これ制定した人におたくの会社でほんとにこのプロセス使ってるんかと問い詰めたい。が、実はこのプロセスって、全部使わなきゃいかんというわけではなく、テーラリングして、すなわちつまみ食いで使って頂戴ねということがガイドに明記されています。やってもいいしやらなくてもいいプロセスなんて学習する意味あるんだろうか? このプロセスの習得が実務に活用できるかどうかもかなり怪しい。システム開発の品質保証なんかISO9001があれば普通に回るしな。

それにこのガイド、あらゆる業種のプロジェクトに適用可能らしいんだが、どーも中身を見る感じだとITシステムに特化して書かれているような気がしてならない。原発廃炉プロジェクトとかプラントの建設とかに使えるのかは甚だ疑問です。

試験受けるためにも、これまでのプロジェクト管理の経験を英語で書かなきゃいけなかったり、上司のサインが必要だったり、かなり大変。受かる前に挫折する予感がぷんぷんするが、まあせっかく勉強するんだしちょっと頑張ってみるか・・・。

ノムさんの愛

久々の更新が訃報ネタというのもあれですが・・・

野村克也さんが亡くなりました。ここ最近、星野さん、衣笠さん、金田さん、高木守道さん・・と、球界の大物の鬼籍入りが続きますね。

さて、野村ID野球を受け継いだ監督がいまだに出てこないってのは残念ですが、こんなとこで素人が書いたってしょうがないのでおいときます。

ここで書きたいのは野球の話ではなくノムさんのサッチーへの愛。

サッチーといえば、世間的には影響力もあった人だけど、口は悪いわ、攻撃的だわ、公私混同するわ、嘘つきだわ見栄っ張りだわ、まあとにかくどうしようもない女として一般的には知られております。そんなサッチーと中華料理屋で偶然に出会った日、ノムさんは「俺は今日、世界で一番の女と出会った!!」と知人に語ったとか。世界で一番最悪な女の間違いじゃないのか・・・とかハタから見ると思ってしまうが、まあとにかくノムさんはほかの人からは見えないサッチーの良いところをきちんと見つけていたのでしょう(ダブル不倫だけどね)。

その後ふたりは結婚するも、サッチーは南海ホークスをかき乱し、学歴詐称し、ミッチーをはじめとする芸能人と舌戦を繰り広げ、最終的には脱税で逮捕。ノムさんはそのせいで監督業を2度もクビになる。普通なら愛想つかしてもおかしくないですよ。しかしノムさんは言う。「あいつは世界にただ一人しかいない。それにあいつには俺しかいないんだ・・・」

 

これが、本物の愛ですよね。

ただ若くて可愛いってだけで女優やアイドルと結婚しちゃう奴とは格が違う。ノムさんがサッチーに惚れてることはいうまでもないのだが、あんなに迷惑をこうむっているのに、最後の最後まで貫いたノムさんのサッチーに対するこの無償の愛。サッチーの良いところなんて、自分には分からないのだけど、ノムさんにはそれが見えていた。こんな愛を人に注ぐことができたらそれは素晴らしいし、ほんとうに幸せなことだ。

愛とは何か? その答えの一つは、ノムさんがサッチーに注いだものだと思う。

2020

f:id:naf:20200101232100j:plain

2020年になりました。令和2年です。

上の絵について説明しますと、設定上、1970年1月1日にドラえもんのび太のもとに来たことになっています(1970年1月号連載開始)。なので、本日(2020年1月1日)で正真正銘の50周年なのです。

藤子マニア話はここまでにして。50年前の人たちは、2020年世界がどうなると想像していたんでしょうね。幸いにして1999年のノストラダムスの大予言も外れ、人類は2020年を迎えることができた。相変わらず車は地上を走ってるし月旅行も自由化されてませんが、インターネットとかスマホとかSNSとか、50年前には到底予想不可能なものが誕生したわけで。

まあなんといっても今年は東京オリンピックイヤーです。おそらくもう生きている間には見ることができない日本でのオリンピック(といっても、チケットは当たってませんけどね!!)。目に焼き付けておかねばなるまい!!

昨年はなぜか更新意欲が薄れまくって、後半全然更新しなかったこのNAFLOG。書き始めて15年、当たり障りのないことしか書かなくなったし、誰も見てないだろうが、まあ誰も見てないブログがあってもいい(ぺこぱ風に)。

2020年、今年もよろしくお願いします。

ミルクボーイ大爆発

M-1グランプリ2019見てました。今年はハイレベルでしたねーー。

ダークホース・ミルクボーイがまさかのM1史上最高得点獲得で大爆発、そのままの勢いでチャンピオン。すごい勢いでしたね。

コーンフレークネタは抱腹絶倒ものでした。老若男女選ばない、誰でもわかる普遍的なネタ。それでいて「栄養バランスの五角形がデカすぎる」とか「朝にラクしたい煩悩の塊」とか「思い出すのは腕組んだトラだけ」とか、ツッコミの視点がどれもこれも面白すぎる。

行ったり来たり漫才は結構新鮮だけど、王道のしゃべくり漫才スタイルだし、キャラに頼った感じでもないのに、あれだけ面白くできるんですね。個人的にはコント漫才よりしゃべくり漫才のほうが好きなので、今回のミルクボーイの優勝はほんと嬉しい。

しかし、ぺこぱの「時を戻そう」も良かったし、すゑひろがりずの勢いも捨てがたいし、からし蓮根も、順位低かったけどオズワルドもインディアンスも面白かったんだよなあ。ぺこぱとすゑひろがりずはミルクボーイよりテレビで使いやすいかもな。

15年ドライヤー

我が家のドライヤーは、学生の頃に買ったものを15年くらいずーっと使ってたんですが、床に落としたら吸気口のプラスチックのメッシュ部分が壊れて、さすがに危ないのでこれに買いかえました。

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ 青調 EH-NE4A-A

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ 青調 EH-NE4A-A

  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: ホーム&キッチン
 

就職して12年になるので、学生時代に買った家電もそろそろ絶滅かと思いきや、大学入学時に買ったアイロンと掃除機はまだご健在なんだなこれが。えーと、大学入学は2002年だから、もうすぐ18年ですか。これ20年到達するんちゃうか。普段の部屋の掃除はルンバに任せてるけど、引っ越しの時の掃除なんかには普通の掃除機もないと困るんだ。

細かすぎて2019

めちゃくちゃ間が空いてしまいました。もう今年も終わりますね。

久々だというのにくだらないTVネタです。「おかげでした」が終わり、単独スペシャル番組と化した細かすぎて伝わらないモノマネ。

今回の個人的イチオシは片岡鶴太郎ですかねー。あのこだわりすぎて異常な感じは誰かがいずれモノマネするだろうと思ってたが、いよいよ来たって感じだ。ヨガ中心で攻めてくると思いきや、芸術家としての偏執的なコダワリネタ。最終お披露目ネタの「恵みの雨」が実はいちばん面白かった。実話かどうか知らんが意味不明すぎるやろ。

あと面白かったのはフルメタルジャケットの微笑みデブ、上沼恵美子滝川クリステルはちょっとデフォルメが過ぎるか・・・。

で、地味で目立たない単発ネタが結構好きだったり。ご婦人ネタ、自分なりに考えた人、マンションの外観見て住むのやめる人、とか。

このシリーズも一時はマンネリ化が著しかったけど、年1回のスペシャル番組になってからは面白さが復活してきたかなと思う。野球ネタをはじめとするスポーツネタなんかも、今年の出来事のハイライトをモノマネで振り返るような感じで年末には合ってるし、年末恒例番組として続いていくといいなと思う。

さて今年残るはM-1ですか。

ありがとう阿部慎之助

f:id:naf:20190929114040j:plain

阿部慎之助引退。

19年の長きにわたり巨人の中心選手として活躍した阿部。引退試合で豪快なホームランを放ったのを見たときは思わずテレビの前で声が出ました。ただ、あれを見て「まだやれる」なんて軽々しく言えるのは、何も知らない外野だけ。あれはDeNAの投手のメンツを見りゃわかるけど「打たせてくれた」んですよ(ピッチャー自身は本気でやってただろうが・・)。首、肩、膝、もう満身創痍の彼はむしろ40歳までよくやれたと思う。

阿部が正捕手やってた2001~2014年の14年間のうち、リーグ優勝7回。半分だよ半分。90年代の巨人と比べてもずーっと強かった。キャッチャーが30本打つんだもんそりゃ強いよ。ただ、阿部の打撃は結構ムラがあって、打つときは狂ったように打つんだけど、ダメな時はダメで、安定的な打率を残したりタイトル獲れるタイプじゃなかった。だからこそ2012年の.340・27本・104打点という数字には本当に驚いた。捕手の史上最高打率.340、内野安打がほとんど期待できない鈍足に加えて例の飛ばない統一球でこの打率・・・、いかにボールを強く捕らえた打球が多かったかを証明するものです。この年はずっと4番で日本一にもなったし、長く語られる「阿部慎之助の2012年」ですね。

2000安打、400本塁打ベストナイン9回、捕手最高打率。そしてあのキャプテンシー。こんなキャッチャーもう出てこないだろうな・・・。そんな偉大な選手の最終年に優勝し、引退試合がきれいな形でできてよかった(由伸はできなかったからね・・・)。コーチとしても監督としても、これからの巨人軍をよろしくお願いします。