自己啓発集団の実態(2)

前回の続きです。

2度目も同じタワマンでの飲み会で、1回目と同じ女性から誘ってもらったわけですが、今度は飲み会の前にその主催者の実業家の部屋に遊びに行かないかと言われる。・・何しに? 別に行きたいとは言ってないが、特に断る理由もないので、行くことにする。

前書いたとおり同じタワマンの一室なんですね。少し早く着いたので、その女性に案内されるままに、マンション内の共用施設を見て時間を潰す。受付には人が常駐していて、ロビーなんか水が流れてるしホテル以上に広い。ジムや図書室もある。普段見ている世界とは別世界だ。彼女は自分が住んでるわけでもないのにやたらそのタワマンの「良さ」をアピールしてくる。

そして上層階に上がって実業家さんの部屋へ。夜景はきれいだけど正直言って部屋の中はそれほど広くない。・・・で、当然のように本棚には「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズが並んでいるのを見て、「あ、俺やばいとこに来たかも」とか思う。面接のように座って、軽く世間話したら、その女性が、どういう経緯で起業しようと考えたのか、と彼に質問する。彼は何やかんや意識の高い理由を話す。そして自分に今後のビジョンはあるか?と質問してくる。会社員やってる自分は当然はっきり答えられない。そしてあーだこーだと持論を語ったり、自己啓発本を薦めたりしてくる。実業家なのに、何をやってるのかはっきりしない。飲食だのコンサルだのイベントだのいろいろ手を出してるらしいが・・・。15分ほど話して退室。何の時間だったんだこれ?

その後は前と同じようにラウンジで飲み会。それ自体は前と同じく何もなく普通。初めて話す人もいるしそれなりに盛り上がって楽しい。例の女子もよく話しかけてくれるんだけど、さっきの自己啓発本のこととかセミナーに行ったとか、これからのビジョンがどうとかの話ばかり。さっきの実業家さんの起業の先生ともいろいろ付き合いがあって、スポーツやら飲みやらなんか定期的にいろいろやってるんだと。

で、結局目的も分からずじまいでまた終了。

 

その会の写真を撮ってSNSにアップするのをやんわり禁じていたり、お互いニックネームで呼び合っていたり、その実業家をカリスマ的にみんなが祭り上げていたりと、怪しい要素はたくさんあるんだけど、特に何かに勧誘されたわけでもないし、飲み会の会費も安いので資金集めとも思えない。

まだ確証はないが、本人たちには何ら悪気のない、ただの「自己啓発が好きな集団」なんだと思う。別に他人に迷惑かけちゃいないんだが、そういうのに興味のない人間からしたら誘われるだけで迷惑な話だ。何らかのビジネス勧誘の入り口の場になっている可能性もちょっとあると思う。「金持ち父さん」はネットワークビジネスやる連中のバイブルだしな。薦めてきた自己啓発本も、ここでは書名は伏せますが、調べると「セミナー詐欺の定番、薦めてくる奴は気をつけろ」とか出てくる。高級マンションを見せびらかしてくるのも、こっちの世界に来たくない?と緩やかに誘っているような雰囲気もあるのだ(だとしたらこの女性はこの集団の幹部みたいなもんか)。

さて今後どうするか。関係者との連絡はLINEだけなので、ブロックして終わらせるのは簡単だけど・・・もう少し内部の実態を調べてみるのも面白いかもという気もある。ということで続報はまた書きます。

自己啓発集団の実態(1)

また、随分空いてしまいました。

久々の投稿でこんなこと書くのも何なんですが、最近、ちょっと変わった集まりに誘われているので、書いてみます。

とある所で知り合った人から、友人たちと飲み会やるからこないかと誘われたのです。その人とはまだ1回しか会ったことなかったんだけど、合コンとかではなく、なんかタワーマンションのラウンジでやる飲み会らしい。いきなり部外者が参加して大丈夫なの?と聞いたら、全員が知り合いというわけでもないから大丈夫だと。一体何の集まりなのか分からんし、ひょっとしたらアムウェイなんかのネットワークビジネスの勧誘じゃないかとも思ったけど、まあ話のタネになればと行ったわけです。

で、そのタワマンが都内某所の一等地の超高級マンションで、その豪華なラウンジで夜景を見ながら飲み食いができる。飲み物は缶ビールやチューハイ、食べ物は出来合いのオードブルで大したものはないけどね。会費は3000円程度で、全部で20~30人くらいがいて、仕事の話やら趣味の話やら、とりとめもない話をわいわいとして、2時間程度で解散。常連さんもいたけど、全員知り合いというわけでもないらしい。

主催者がそのタワマンに居を構えている30代前半の実業家で、そのラウンジもその人の好意で使わせてもらっているらしい。その人も最後の方でちらっと顔出して挨拶して、少し直接話もしたけど、自分と同じくらいの歳でこんなとこ住めるんだから大したもんだな、とは思ったが、まあその程度。

結局何の集まりなんだかいまいち分からないまま、初回は終わり。

で、後日、2度めのお誘いがあったわけです。・・・長いので、つづく。

プールは閑古鳥

平日とはいえ、夏休みですよ。お盆ですよ。真夏ですよ!

f:id:naf:20170818154902j:plain

連日の低気温と曇天で市民プールもこんな状態。ここがこんなに空いてるのを見るのは初めてだ。50mプールもガラ空きだったので、コースを占領して泳ぐことが出来ましたとさ。

しかし水が冷たかった。快適とはいえない・・・。

ぐずつく夏

f:id:naf:20170813140103j:plain

東京ではなんだか夏らしくない、ぱっとしない天気が続いてますね。

東京はもう16日連続での雨だとか。今週日曜から帰省してたんですが、新幹線で名古屋駅に降り立ったときの気温と、あの青空。これぞ夏!!という感じで嬉しくなって思わず撮ったのが上の写真。しかし名古屋でもほどなくしてぐずついた天気になったので、8月に見た青空は名古屋の初日だけだ。

こんな天気じゃビールもアイスも売れないし、海も山もプールも閑古鳥じゃないのか?商売あがったりですなあ。

夏なんだから夏らしい天気になってほしいものですが、どうやら次の日曜まではこんな感じのようですねえ。

湯川秀樹を読む

いやあ、暑いですね。

年々暑さへの辛抱心がなくなっていく気がする。小中高時代なんて、冷房も扇風機もない教室でどうやって勉強してたんだろうか。よく誰も倒れなかったな。

ところでここ最近、日本が世界に誇る科学者・湯川秀樹先生の本を読んでます。

旅人  ある物理学者の回想 (角川ソフィア文庫)

旅人 ある物理学者の回想 (角川ソフィア文庫)

 
湯川秀樹 詩と科学 (STANDARD BOOKS)

湯川秀樹 詩と科学 (STANDARD BOOKS)

 

「詩と科学」では、詩と科学は似ていないようで似ている、なぜかといえば、詩は自然を観察して情緒ある散文を生み出す分野、科学は自然を観察して分析する分野、いずれも自然を観察して何らかのアウトプットを出すという意味では似通っているんだということを書いていて、はあ~そういう考え方もあるんだなあと感心したのでした。

とにかくこの人は文筆家でもないのにめちゃくちゃ文章が上手いし、分かりやすい(専門書ではないので、難しいことを書いてるわけではないんだけどね)。天才ってのは一般人に言葉を語りかける能力も長けてるんだろうな。

梅雨明け

全体的な雨量は控えめだった今年の梅雨も、ようやく明けました。

f:id:naf:20170713185305j:plain

セミも鳴き始め、本格的に夏ですなあ。

ゲリラ豪雨も頻発中。僕らが子供の頃よりもいわゆる「夕立」が極端な感じになってるのはやっぱり異常気象なのか? そもそも夕立って言葉をあんまり使わなくなったよな。

子供たちはそろそろ夏休みか。羨ましいーーー。

ルンバを買った

いやー暑いですね。連日34度とか続いてますね。

こないだのAmazonプライムデーで、前々から欲しかったルンバが安くなってたので買っちゃいましたとさ。

国産メーカーからもいろいろ類似品は出てるけど、やっぱり総合的に見るとルンバが1番らしいので。

f:id:naf:20170717235651j:plain

早速、家じゅう(つっても1LDKですが)を掃除させてみました。1時間位あらゆるところを動き回ってもらった結果、目に見えるゴミはほとんどなくなった。ダストボックスを開けたらすごい量のホコリが。この家こんなに汚れてたんか・・・。普通の掃除機に比べるとゴミ除去率はいまいちと聞いてたけど、全然そんなことない。これだけ掃除できれば十分過ぎる。

何より素晴らしいのは、ソファやベッドの下という普段は決して掃除できない場所に入り込んで掃除してくれること。それだけでも価値がありますね。

掃除ロボットって生きてるみたいで動きが結構可愛いらしいんだな。時々ガンって壁にぶつかったり、狭いところにグリグリ入ろうとして入れず引き返したりするのもご愛嬌。見てるだけで飽きないし愛着がわいてきます。

あとブラーバ(雑巾がけロボット)も欲しいなあ・・・。今年入ってから金使いまくってる気がするが。